話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

24話 神速閃拳。

 24話 神速閃拳。

「もろい考え方だな。一人の力など、たかが知れている」

「真正クズのくせに、まあまあの正論をはくじゃねぇか。いや、むしろ、真正だからこそか? この辺の真実に関しては、よくわからんね。俺も結構なサイコさんだが、お前とは方向性が違うからな」

 などと、テキトーな言葉を口にしてから、

「お前のことはだいたいわかった。おそらく、お前は、生まれつき壊れているわけではない。身分と立場によって徐々に歪んでいったタイプ。その歪みは『自分を律する精神力』さえあれば、どうにか矯正できたもの。お前は、『自分の意思』でそれを拒んだ。お前は、お前の意思で、クズになった。『クズで在り散らかした』と言ってもいい」

 ゆっくりと、拳に、魔力をこめていく。
 もちろん、本気では込めない。
 こんな低品質なカス相手に、本気を見せてやる理由はない。

「罪の数え方を教えてやる」

 そう言って、
 センは、
 踏み込み足に体重を乗せた。

 軽やかに、
 舞うように、

 おそろしいほど鮮やかな神速で、

 右の拳で、
 クリミアの顔面に、
 異次元の衝撃を与える。


「――ぺはっ!!!」


 クリミアの鼻が粉砕した。
 眼球も炸裂した。
 前歯がコナゴナに砕けて、
 舌が消し飛んだ。

 それは、刹那を包み込む一瞬の話。
 コンマ数秒の向こう側。
 人の反応では認知できない速度。

 だから、クリミアは痛みを感じなかった。

 意識と視界が同時に途切れて、
 あまりの衝撃波に脳が蒸発して、
 その振動が全身に響いて、
 命が終わった――と、
 命の深い部分が、その事実を受け止めた。

 けれど、

「……ぇ?」

 クリミアは死んでいなかった。
 意識も視界も、
 確かに在る。

「……は?」

 ワケもわからず困惑する。
 何が起きたのか理解できない。
 『おそらく殴られた』という『不透明な認識』だけはあったが、
 そこから先の知覚が、まったく追いつかない。

 『衝撃』の記憶は残っている。
 しかし、記憶以外は全て失っている。

 意味がわからない。
 何もわからない。

 クリミアは、反射的に、自分の顔を確かめる。
 鼻は砕けていなかった。
 目も見える。

「なにが……」

 気づけば、体が震えていた。
 震えている理由はわからない。

 恐怖が認知を追い越している。
 まるで、脳が、理解を拒絶しているみたい。

 先ほどの『異次元の衝撃』に対して、
 ようやく、感覚が追い付いてきたと思ったと同時、

(星が……爆発でもしたのかと思った……)

 冗談でも誇張でもなく、
 クリミアは、センの拳に対し、
 本気で、そういう感想を抱いた。

 完全なる事実として、
 クリミアは、
 センの拳に、
 世界の終焉を見た。

「ぁ……ぁ……」

 ようやく認知が追い付くと、
 さらに体の震えが増していく。


「い、い、いったい! なにをした!」


 膨大な恐怖に押しつぶされそうになりながら、
 クリミアは、鋼のプライドだけで、
 センにそう尋ねた。

「き、貴様っ……私に……なにを……なにを!!」

 それは、一般人では出来ないこと。
 クリミアはクズだが、間違いなく、『支配者』の血族だった。

 ――センは静かに言う。

「顔面を殴って粉砕したと同時に、回復魔法をかけた。以上」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー495515

    融合したり覚醒したりがあまりに安易に起き二転三転するから、勝つにしろ負けるにしろ軽く感じ感情を乗せにくい
    かと言ってエンタメとして盛り上がるかというと、捻くれた展開があったりしていまいち盛り上がりきらない
    設定は面白そうで最初の方は面白かったが、だんだん面白さが失われていき飛ばし読みするようになり、いつになったら面白さが戻ってくるんだと思っているところ

    0
  • ノベルバユーザー495515

    最新話まで読んだわけじゃないが今のところ新要素が安易に出てきすぎて話がとっ散らかってる感じ、急展開すぎて一貫性を感じず物語を掴めない、思いつきで適当に展開してる感がある

    1
コメントを書く