『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 正式に終わっている外道。

 20話 正式に終わっている外道。

「……特に理由もなく、面白そうだからという理由だけで、部下の娘を、目の前で犯したあと、ミンチにして、食べさせた……もう何言っているか、わかんねぇな……」

「なんの罪もない三歳の幼女を、享楽で凌辱し、すりつぶし、その肉片を、父親に食べさせた……と、そういうことです」

「……詳しく説明しなくていいよ、ミシャさん。こういうの聞くと、普通にヘコむから、聞きたくないんだよね、基本」

「その手の非道な行いが『明確な証拠の残っているもの』だけで、これだけの数、行われているようです」

 そう言いながら、ミシャは、
 センの目の前に、
 ドカっと資料の束を置いた。

 センは、その資料の中から、
 テキトーに一枚を選んで目を通す。

「……ヤベェな、あいつ……正式に終わってんな……なんで、こういうことが出来るのかな……マジで意味がわかんねぇわ。こういうサイコなヤツって、たまにいるけど、ほんと、なんでなんだろうな……」

 と、センが、深いため息と共に、そうつぶやいた時、


「クリミア様!!」


 一人の中年男性が、カフェテリアに駆け込んできて、
 罪帝クリミアの足元で、土下座をしながら、

「どうか! どうか、慈悲を!」

「しつこいな、バスルス……」

「どうか、娘だけは! 私は何でもいたします! どうなってもかまいません! ですので、どうか!! どうかぁ!!!」

「貴様はミスをした。本来であれば、一族郎党皆殺しだが、貴様は、私の部下の中では、まだマシな方だから、娘を壊すだけで許してやろうと言っている……そんな私の温情を無碍にするとは、貴様、どういうつもりだ」

「クリミア様! 私の罪は私が背負います! どうか、私に! 私だけに!」

「きわめて不愉快だ」

 そう言うと、クリミアは、
 バスルスの眼球に手を伸ばして、
 なんの躊躇もなく、
 当たり前のように、
 ブチリッっと、
 ひねり取った。

「ぎゃぁああああ!!」

 激痛に暴れまわるバスルスを、
 さらに踏みつけながら、

「これまで、貴様は、それなりに、私に尽くしてくれた。だからこそ、せめてもの慈悲として、娘を苦痛なく殺すだけで許してやろうとした……そんな私の、大いなる慈悲を、貴様は……貴様はぁああ!!」

 激昂したクリミアは、
 アイテムボックスからナイフを取り出して、

「もういい! 貴様も死ねぇえええ!!」

 ヒステリー気味に叫びながら、
 そのナイフを振り下ろした――

 と、その瞬間、



「――んっ?!」



 クリミアの目の前から、バスルスが消えてしまった。

 正確に言うなら、
 クリミアが、バスルスの前から消えたのだが。

(……これは……空間魔法……)

 クズではあっても、無能ではないので、
 すぐさま、冷静に、自身の状況を察する。

(どこのバカだ……この私を魔法で拘束するとは)

 心の中でつぶやきつつ、
 周囲に視線を向けるクリミア。

 ここは、真っ白な空間だった。
 体育館くらいのサイズの、何もない空間。

 だから、すぐに気づいた。

 自身の背後に立っている男の姿。


「……さっきのカスか」


「どうも、さっきのカスです」


 そう言って、神の王は、優雅にお辞儀をした。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く