『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 お昼のガールズトーク。

 19話 お昼のガールズトーク。

「落ち着け、ドードー……とりあえず、その殺気をおさめろ。俺に向けているんじゃないと分かっているんだが、つい『ごめんなさい』と言ってしまいそうになるほど、お前のオーラは、熱量がハンパない。ぶっちゃけ、こわすぎる」

 と、アダムの対処にいそしんでいると、
 そこで、ミシャが、
 センの耳元に口を寄せて、

「――あのカスの名は、罪帝クリミア。エリアCを支配している罪帝家に属する人間です。現当主『罪帝イデア』の従兄にあたります」

「え? 今の一瞬で調べたの?」

「いえ、事前に調査しておいたデータが、アーカイブに保存されておりました。直接的な接触によるデータは存在しませんが、それなりに有名人なので、どういう人物であるかは、ある程度、まとまっております。一言で言いますと、真正のクズです」

「ふーん……真正のクズねぇ……まあ、もう、オーラからして『だろうな』って、強く痛感するよねぇ」

「それで? どうしまちゅか? あ、最初に言っておきまちゅけど、ツメをはがすのはオイちゃんの担当でちゅからね」

 シューリに続いてアダムが、

「では、私は、頭蓋骨をすりつぶしてペースト状にする役目を担当しよう」

 と言ったのに続けて、ミシャが、

「できれば、最初から最後まで、私の闇で、キッチリと『果て無き地獄漬け』にしてやりたいところだけれど、それだと、あなたたち二人は納得しないでしょうから、今回はやめておくわ。けれど、あなたたち二人で殺しきるのはやめてくれる? 私が圧殺する分も残しておいてよ」

「まてまて、お前ら」

 ――キャッキャウフフと、かわいらしいガールズトークに花を咲かす三人の美少女を尻目に、渋い顔をしているセンが、

「目を輝かせて『いかに凄惨な殺し方が出来るか選手権』に興じるのは今すぐやめろ。見ろ。お前らの怖さとヤバさを目の当たりにしたことで、俺の鳥肌が震えているだろうが。まったく、かわいそうに」

 よしよし、と自分の鳥肌を撫でながら、

「あのアホは、俺に対してだけは、ちょっと小粋にハシャいだだけだろう。それなのに、そう簡単に『ハイエンドな拷問』をかまそうとするんじゃない。まったく、これだから、今どきの若いもんは……」

 などとほざく神の王に、
 ミシャが、たんたんと、

「しかし、セン様。あのカスは『自分は王族だから何をしてもいい』と勘違いしている典型的な『アホんだら』ですよ? これまでに、非道な事も山ほどしてきている模様。放っておくのは、神法に反するかと」

「非道なことって? 例えば?」

「こちらなど、なかなか酷いものかと」

 そう言いながら、ミシャは、
 魔法で具現化したデータを手渡してくる。

「……特に理由もなく、面白そうだからという理由だけで、部下の娘を、目の前で犯したあと、ミンチにして、食べさせた……もう何言っているか、わかんねぇな……」

「なんの罪もない三歳の幼女を、享楽で凌辱し、すりつぶし、その肉片を、父親に食べさせた……と、そういうことです」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く