話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 無上の献身。

 14話 無上の献身。

「あなたが積んできた全ては、とてつもなく美しい! わずかも弛(たゆ)むことなく、何千年もの間、自身を磨き続け、頑なに、愚直に、真摯に、『正義の化身』で在り続けたあなたのことを、心から敬愛している!!」

 マリスはカンツを知っている。
 カンツの狂気を知っている。

 というか、ゼノリカにカンツの狂気を知らぬ者はいない。

「……栄えあるゼノリカの天上、九華十傑の第十席14位カンツ・ソーヨーシ! あなたはスゴイ男だ! 『信じた正義を執行する』という理念のために、人生の全てをささげたその覚悟に、私は、心底からの敬意をささげる! そこにウソは微塵もない!」

 マリスは、間違いなくカンツを尊敬している。
 命も、時間も、覚悟も、想いも、
 全てを正義にささげた男の狂気を、
 マリスは、心底から敬愛している。

 それは事実。
 絶対的な真実!

「……しかし! あの日、神の背中にみた『無上の献身』は『あなたの覚悟』をも超えていた!」

「……」

「……聖典に書かれていることは、全て事実だったと分かった!! 神の愛に! 嘘は一つもなかった!」

 物語としてなら『面白がって見ること』が出来る。
 しかし、書かれていた全てを『事実』として受け止めると、
 呼吸が難しくなるほど、胸が苦しくなった。

「……想像すら出来ないだろう! 無数の世界が交わった戦争を! ありえない数のバグを! 次元の違う強さを持った愚神を! たった一人で背負った重み! 誰もが、明日をあきらめた地獄の底の底で! それでも! たった一人、前を向いて、ヒーロー見参と叫び続けてくれた、そのありえない献身を、わずかでも想像できるか!!」

「……」

「……もう一度だけ言おう! あの日、P型とかいう、途方もない絶望との闘いで、私の魂魄には、神が宿った!」

 そこで、マリスは、右手に想いを込める。

「……神の愛を受けて、だから、当然、その愛に応えたいと想った!」

 右手を、強く、強く、握りしめる。


「神が示してくれた、その覚悟を! その献身を! その光を!」


 魔力とオーラが充実していく。
 ありえないほどに輝く。

「すべて!!」

 だから、

「集めて!!」


 届く!
 想いの結晶!
 信念の最果て!





「――『閃拳』っ!!!」





 それは、ただのサルマネ。
 覚悟も練度もまるで足りてはいない、
 たんなる『ヒーローのまねごと』。

 けれど、間違いなく、この上なく尊き英雄の模倣。

 だから、無意味では終わらなかった。
 想いの結晶は、マリスの拳に可能性を与えた。

 極限まで磨き抜かれたオーラと魔力に込められた可能性は、

「……ぅ……ぐ……っ」

 当然――とは言わないけれど、
 しかし、間違いなく、カンツに届いた。


「……バカな……どういうことだ……信じられん……ただの拳一発で……ワシに膝をつかせるとは……」


 ――口に出していったことはないが、
 しかし、カンツは、
 『ゾメガのエニグマミーティアをその身に受けても、立っていられる自信がある』
 という不遜な自惚れを抱いている。

 『それが事実かどうか』は、この際、置いておくが、
 少なくとも、
 心に『それほどの傲岸(ごうがん)』を抱いてしまうほど、
 『圧倒的な耐久力』があるのは現実。

 それだけの自信を抱けるほど、
 必死になって積んできた時間と覚悟は、
 決して伊達ではない。

 ――しかし、そんなカンツの膝を、
 マリスは、たった一発の拳で、へし折ってみせた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く