『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 カモン、ベイベっ!

 8話 カモン、ベイベっ!



「道理のままに死ねぇ!! 異次元砲ぉおおおおお!!」



 先ほどよりも、はるかに膨大な火力を誇る異次元砲が、
 カンツの全身に降り注ぐ。
 絶対的なオーラの収束を、その身に浴びていながら、
 しかし、カンツは、

「いいねぇ!」

 当然のように、ケロっとしていた。

 ――意味不明に全快したカンツは、ニっと不敵に微笑み、

「お前の魔力量とオーラ量がハンパないことはよくわかった!さて、それじゃあ、次は、戦闘力を見ていこうか!」

 そう言いながら、カンツは、ハンドガンを消して、
 両手をフリーにすると、
 数回、ピョンピョンとジャンプしてから、
 シャドーをしつつ、

「カモン、ベイベっ! さあ、好きに殴り掛かってきな!」

「……な、なんなんだ……貴様は……」

「おののいているヒマはないぞ! あ、そうだ、ここらでいいことを教えておいてやろうか? ワシにロックオンされたら、基本的に、終わりだぞ! ワシはしつこさはハンパじゃないからなぁ! がはははははは!」

 豪快に笑ってから、

「どうした?! こないのか?! せっかく先手を譲ってやっているというのに、ずいぶんと殊勝なやつだな! 気に入った! ウソだけど!」

 などと言いつつ、
 カンツは、豪速の踏み込みで、
 ニョグタとの距離を詰めると、

「おらおらおらおらおらおらぁ!! がははははぁ!」

 ボッコボコにぶん殴っていく。

「うげぇ! ごぁ! ぐぇ! ぼえぇ!」

 粗雑に見えて、実は、なかなか、一発一発が鋭い。
 スパっと肉を裂く。
 ガツンと骨まで届く。

「どうだ! ワシの拳は重いだろう! なぜ、ここまで重いか分かるか?! ちなみに、ワシにはわからん! 基本的に、ワシはワシを理解していない! どうだ、愉快な話だろう?! なぁ?! がはははははは!」

 まるで、酔っ払いの戯言。
 カンツの発言は、基本的に、フワフワしている。

 地に足がついていない冗談の集合体。
 けれど、そのスペックは正式に破格。

 栄えあるゼノリカの天上、
 九華十傑の第十席序列14位、
 カンツ・ソーヨーシ。

「んー、やっぱり、戦闘力は微妙になるなぁ! というか、ハッキリ言って弱すぎる!」

「がはっ……ごほっ……」

「お前も、現状は、すでに理解できているだろう? ワシは基本無敵! その上、戦闘力も、遥かに上! こうなったら、もはや、貴様に勝ち目などない! さあ、どうする?! ここからが大事だ! ここから『どんな答え』を出すかで、貴様の価値が決まる! さあ、さあ、どうする? ワシという絶望を前にして、貴様は何を想う?!」

 カンツの問いかけに対し、
 ニョグタは、

「……はぁ……はぁ……なるほど……」

 『理解』をしめした。
 まっすぐな目で、
 カンツを睨みつけ、


「……貴様がセンエースか……」


 と、そんな、ズレた言葉を口にした。

「この圧倒的な力……これは、まさに王の力……貴様が……神の王……」

 ニョグタから飛び出た『想定外の回答』を耳にしたカンツは、
 普通に首をかしげて、

「……いや、ちがいますけど?」

 と、疑問符だけを口にする。

「ワシはカンツだと言っとろうが……というか、貴様、なぜ、『センエース』を知っている? 事前調査の結果によると、この世界に、『センエース』という偶像の伝承はないはず」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く