話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 ギャグ漫画補正。

 7話 ギャグ漫画補正。

 なによりも、ニョグタを驚かせたのは、
 カンツの『ボロボロだった姿』が、
 『ほんの数秒』が経過しただけで、
 何事もなかったかのような、
 『完全に無傷の状態』に戻ってしまったということ。


「――ば、ばかな……ど、どういう……」


 その、あまりに不可思議な光景を受けて、
 さらなる困惑の渦に巻き込まれるニョグタに、
 カンツは、豪快に笑いながら、

「褒めてやるぜぇ! 本当に、なかなかやるじゃねぇか! マリスの異次元砲は、ここまで痛くない。『火力だけ』は随分とアップしているようだな! さすがコスモゾーン・レリックだ! 本当に、お前さんは、いいブーストアイテムだよ! がはははははは!」

「ど、どういうことだ……私の異次元砲が直撃しているのに……なぜ、何事もなかったかのように……」

「不思議か?! だろうな! ちなみに、実は、ワシも、お前と同じくらい、ワシに対する疑問が止まらんよ! なんで、ワシは、あれほどの一撃を受けて死んでいないのかねぇえ! わけがわからんね! がはははは!」

「……」

「ワシのプラチナスペシャル『ギャグ漫画補正』は『なんだかよくわからんけど、無敵で不死身になる』という、ワケの分からんスペシャルでなぁ! かつて、このスペシャルの『発動条件』や『根本的なシステム』等について、色々と検証したり、実験したりもしたが、何十年・何百年という時間をかけようと、結局、一ミリも理解できなかった! というわけで、ワシは、自分のスペシャルを理解するのをやめた! どうだ? 笑える話だろう?! がははははは!」

 一つ付け加えておくと、カンツは、
 『ギャグ漫画補正を持っているから、タンクとしての適性が高い』、
 ――というワケではない。

 『そもそも』、タンクとしての適性がべらぼうに高い。
 防御力、自動回復力、耐性値、
 すべてが、ありえないレベルで非常に高い。

 『その上』で、カンツは、
 『ギャグ漫画補正』という、
 『なんだかよくわからないけど、無敵&不死身になる』
 という、きわめてふざけたチートを有している。


「む、無敵になるスペシャルなど……そんなふざけた話があってたまるかぁ!」


 そこで、ニョグタは、
 全身に、さらなる力を込めて、

「――虹気!!」

 虹色のオーラに包まれる。
 その様を見て、
 カンツは、愉快そうに、楽しげに、

「おお! なんだかよくわからんが、威圧感が増したな! いいねぇ! かっこいいねぇ!」

 呑気なことをほざくカンツに、
 ニョグタは『まっすぐな怒り』をあらわにして、

「貴様に神の力を教えてやる! これが! これこそが! 真なる神の世界だ!!」

 膨れ上がる魔力とオーラを、
 両手に結集させて、



「道化の横行を許しはしない! 道理のままに死ねぇ!! 異次元砲ぉおおおおお!!」



 先ほどよりも、はるかに膨大な火力を誇る異次元砲が、
 カンツの全身に降り注ぐ。

 ケタ違いの暴力。
 絶対的なオーラの収束を、その身に浴びていながら、
 しかし、カンツは、

「いいねぇ!」

 当然のように、ケロっとしていた。

 黒焦げ状態になって、
 プスプスと音をたててはいるものの、
 いつも通り、豪快に笑っているばかり。

 その黒焦げになった肉体も、
 1・2秒後には、また、
 何事もなかったかのように元通り。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く