『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 よっ! この墓荒らし!

 3話 よっ! この墓荒らし!

「厳しいダンジョンだと聞いていたが……そして、実際に、ハンパではないモンスターが無数に出てくるが、しかし、しょせんは、ワシ一人でも十分な難易度だったな。がはははははは!」

 豪快に高笑いを決めこむカンツに対し、
 アルキントゥが、

「そうですわね……一応、わたくしも補助魔法をかけたりしておりましたが、別に、それがなかったからといって、特に大きな変化があったとも思えませんわ」

 その後ろにいるマリスも、

「……私にいたっては、後ろからついてきただけだしな」

 ボソっとそうつぶやく。

 暴走機関車と化したカンツの後ろについていき、
 たまに『死に損なっているモンスター』に、
 軽くトドメをさしていただけ。

「それで? もう、最奥のようだが? ここからどうするのだ?」

「コスモゾーン・レリックが隠されているはずですので、探索してみましょう」

 アルキントゥの発言を受けて、
 マリスが、

「……ようやく、仕事らしい仕事ができる」

 そう言いながら、パキパキっと、指の関節を鳴らした。

 最奥のフロアは広く、
 それなりに複雑な造りになっていたので、
 探索のやり甲斐はあった。

 ――このフロアには、隠し扉がある。

 常人であれば、最低でも数時間、
 長いと、数日がかかる仕掛けに守られていた、

 ――のだが、


「……隠し部屋発見」


 暗殺者・盗賊・密偵・忍者など、
 無数の職業をマスターしているマリスの前では、
 どれだけ巧妙に隠されていようと裸同然。

 ほんの数秒で看破されてしまった。

「さすが、マリス! 遺跡を荒らさせたら、右に出る者はいないな! よっ! この墓荒らし! がはははははは!」

「……」

 渋い顔をしているマリスの横で、
 豪快に笑っているカンツ。

 元・長強と、元・UV1。
 基本的に相性が悪い二人で、
 実際、マリスの側からすれば、カンツは苦手な相手だが、

 カンツの側は、マリスに対して苦手意識はまったくない。

 ※ ちなみに、カンツも、ドナと同じく、
   現場に重きをおいたタイプで、
   かつ、かなりの古株に入る。

「――お、いい感じの宝箱だな!」

 隠し部屋の奥には、
 豪華な宝箱が一つ、

 無造作に近づいて開けようとするカンツに、
 アルキントゥが、

「ちょ、ちょっと、お待ちください。見た感じ、明らかに、ワナが張られています。まずは、マリスさんに処理をお願いしてから開けた方が安全です」

「がはははは! ワナが張ってあることくらい、もちろん、気付いているぞ! しかし、心配するな! ワシは、なんだかんだ無敵で不死身だ!」

 と、そこで、マリスが、

「……あなたが、意味不明に不死身なのは、もちろん、知っているが、私たちはそうではない。その宝箱のワナが、部屋全体に影響が及ぶタイプという可能性もある」

「がはははは! 心配するな! お前たちなら大丈夫だ! たぶん! 知らんけど!」


「……はぁ」

 マリスは、面倒くさそうにタメ息をついてから、

「……私たちは、あなたと違い、か弱いので、心配せずにはいられない。というわけで、下がっていてくれ。ワナを解除する」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く