『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

63話 アプソロさん。

 63話 アプソロさん。

 ――あの後、チャバスチャンは、
 振り返ることなく、
 木々の間を、
 枝から枝へと、
 駆け抜ける。


 ある程度、ロコたちから距離を取ったところで、

「……ふぅ」

 アモンが追ってきていないのを確認しつつ、
 近くの大木にもたれかかって、一息つく。

 ――と、そこで、
 正面から、

「……よう、おつかれ」

 だらだらと歩いて近づいてくる『ジンベイ姿の男』を発見する。

 無精ヒゲとグラサンが特徴的な、
 『まるでダメなおっさん』感が強い30代の男。

「おや、アプソロさん……来ていたのですか?」

「あたりまえだろうが。俺が約束を破るわけがないだろう。ナメんなよ」

「……」

 チャバスチャンは、何か言いたそうな顔をしたものの、
 グっと言葉を飲み込んで、

「ちなみに、オージーさんは?」

「知らん。どっかで殺されてんじゃねぇの? あいつ、弱いからなぁ」

「……オージーさんを殺せるのは、五大家の人間ぐらいですけどね。クリムゾンスターズの精鋭が相手でも、逃げるくらいはできるでしょうから」

 と、軽く呆れた言葉を前に置いてから、

「オージーのことなんか、どうでもいい。そんなことより、チャバスチャン。お前、酷いな。あんな、ガキにボコボコにされて。恥ずかしくないのか?」

「さほど恥ずかしくはないですね。私は、『強さ』に興味がないもので」

「つまんねぇ答えだな、おい。煽り甲斐がなさすぎる。そういうところだぞ、チャバスチャン。その辺、もう少し、考えねぇと、いいイジられキャラにはなれねぇぞ」

「イジられキャラなんかになるくらいだったら、死を選びますよ」

「……で? 実際のところ、どうだったんだ? 手を抜いていただけか? それとも、ガチで押されていたのか?」

「押されていたとか、そういうレベルじゃないですね。あの子供は、おそろしく強い。ハッキリ言って、彼の強さは、ザコーさんやブラツクーロさんよりも上です」

「んなわけねぇだろ。ザコーよりも強いヤツなんか、そうそういねぇって」

「私もそう思っていました。だから、驚いてしまって、つい、脱兎のごとく逃げ出してしまったというわけです」

「……おい、ボケが長いぞ。ヤマトじゃあるまいし、ラリったボケを長々と続けるんじゃねぇ」

「……アプソロさん。一つ聞かせていただきたいのですが、あなたは、あの少年の武に対して、どういう感想を持ったのですか?」

「ガキの割には動けるなぁ、と思ったが、馬力が足りてねぇから、脅威ではねぇ。以上」

「あー、なるほど……まあ、確かに、外から見ている分には、そういう風に映ってもおかしくないかもですね。『芯』の部分は、触れてみなければ、わかりませんし。それに、アプソロさんは、人間性だけではなく、人を見る目も終わっていますし」

「死にたいようだな。よし、かかってこい」

「死にたくないので、やめておきます」

「だったら、最初から、カマしてくるんじゃねぇ、ヘタレがぁ!」

 と、一度、強めに怒鳴りつけてから、

「……あのガキ、そんなに強かったのか? 確かに、基礎はしっかりしていそうだったが……とくに『それ以上のヤベェ感じ』はしなかったんだが」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く