『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 兄からの宣戦布告。

 62話 兄からの宣戦布告。

「……え、あの二人、何の話してんの?」

「ボーレ、お前は、本当に頭の悪いヤツだなぁ」

 と、前を置いてから、ゲンは、

「アレは、ほら、アレだよ……『宇宙は膨張している』みたいな、そんな感じの話をしているんだよ」

「……壮大だな」

 などと、どうでもいい会話をしていると、
 ロコのスマホが音をたてた。

 相手を確認すると、

(アギト……)

 兄からの電話だった。
 兄から電話がかかってくることなどめったにない

 事実、入学以降、一度もかかってきていない。

(……いったい……)

 少し警戒しつつも、
 ロコは、通話ボタンを押した。

 すると、

『よう、ロコ。今、大丈夫か?』

「忙しいので、あとで折り返します。では」

『待て、こら。切ろうとするな。大事な話がある』

「……なんでしょう?」

『この一年、いろいろと考えた。ほんとうに、たくさん。ありとあらゆる角度から物事を捉えて、事実を並べて、必死になって考えて……そして、ようやく結論が出た』

「……前置きはいいので、さっさと言ってください」



『できれば一年以内に、遅くとも3年以内に、お前を殺す』



「……穏やかではありませんね」

『昨今、巷で、色々と珍妙な事件が起きているのは知っているな?』

「聞き及んでおりますわ。要人が行方不明になったり、遺跡が荒らされたり……『裏社会の組織がいくつか壊滅した』というウワサも聞いております」

『その件に関して、いくつか、ルルが本家に協力を要請してきた』

「……ほう」

『もちろん、家族の頼みだからな。快く、協力させてもらう。今回で言えば、ゴキとの間を取り持たせてもらった。あの狂人集団とまともに取引が出来るのは、現状だと、私くらいだからな』

 ルルは、学園の統治権以外の権限を、ほとんど有していない。

 もちろん、外部組織に対しても、
 『ちょっとした頼みをする権利』ぐらいなら、
 まったくない、というワケではないが、
 本格的にゴキを動かそうと思えば、
 いったん、アギトに話を通す必要がある。

 ――まあ、話を通したからといって、
 ゴキがしっかりと働くかといえば、
 別に、そういうワケでもないのだが。

『ただ、いくら家族とはいえ、なんの条件もなく面倒事を引き受けるというのは、立場的に、なかなか難しい。家の位が高貴すぎるというのも考え物だな』

「迂遠な言い方は好きではありません。さっさと用件を」

『そう、露骨に焦るなよ。単純な話さ。――昨今の面倒事を処理した暁には、ルルには、私のお願いを、いくつか聞いてもらう』

「……」

『今回の協力要請に関しては、ルルも、いささか本気らしくてな。露骨に表に出しているわけではなかったが、あの叔母らしくない、ガチの不安感が漏れ出ていた。だから、もしかしたら、と思い、ダメ元で頼んでみたら……案外、すんなり通ったよ』

「何度も言わせないでください。用件は手短にお願いします。切りますよ」

『ことがすめば、そこはもう安全地帯じゃない』

「……」



『必ず殺す。ブチ殺す。覚悟しておけ、クソガキ』

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く