『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 まだまだガキ。

 59話 まだまだガキ。

(おそらくだけれど、このガキは『最近、各地で起こっている奇妙な事件』の関係者……)

 理解に届くと、普通に不愉快になってくる。

(やりたいことはよくわかった。全宮家の視点で言えば、それが非常に大事なことだってこともよくわかる……けど、この状況は『便利に使われている』って感じがして……ウザったいな……)

 心が冷たくなってくる。
 『サイコパス』の部分がザワザワする。

(ザコーなら、こういう依頼を受けた段階で、相手の意図に気づいて、事前に、きっちり、カウンターをかましておいてくれる。『ナメんじゃねぇぞ』と一言、言っておいてくれる。こっちが仕事しやすいよう、色々と慮ってくれる。……けど、ブラツクーロはバカだから、そういう、『私たちに対する気配り』が出来ない。そういうところなんだよなぁ……だから、あいつの命令は、聞く気がおきない)

 速度が上がっていく戦闘。
 アモンは、徐々にギアをいれていく。
 アクセルをふかしすぎないように、
 じんわりと、熱と回転数を上げていく。

 それに引きずられるようにして、
 チャバスチャンのリズムも上がっていく。

 テンポが上がってきて、
 次第に、『ついていく』のに必死になってくる。

 チャバスチャンは思う。

(……強い……底が見えない……骨太の芯を感じる、このでたらめな強さ……)

 必死になって、
 アモンの速度についていく。

 しかし、徐々に引き離されていく。

「ゴキのチャバスチャン。ただのイカれた殺人鬼かと思ったら、意外に、動けるね。ここまでついてくるとは思っていなかったよ」

「……お褒めにあずかり光栄です」

「それだけの土台を得るまでには、それなりにまっすぐな努力を積んできたはず。なのに、どうして、ゴキなんていう、頭のおかしい反社組織でくすぶっているのか、普通に疑問だよ」

 チャバスチャンの気持ちが、
 アモンにはサッパリわからない。

 才能があって、努力も出来るのであれば、
 普通に表舞台で生きればいいのに、
 と、実直な感想を胸に抱く。


 そんな、『命が有する穢れの深さ』に関して、
 『真の意味での理解』が足りていないアモンに、
 チャバスチャンは、苦笑して、

「ま、人それぞれってことですよ」

 と、中身のない言葉でお茶をにごす。

 言いたいことは、いくつか頭の中に浮かんできたが、
 しかし、ガキ相手に、それを口にしたところで、
 なんの意味もないということくらい、
 20年以上生きていれば、さすがに分かる。

 ※ 第2~第9アルファにも、
   『道理に合わないサイコパス』は存在する。
   『そういう連中』を処理するのも楽連の仕事の一つ。
   しかし、その手の『繊細な処理』を任されるほど、
   アモンは、まだ人間力的に、
   ゼノリカから認められてはいない。
   一言で言えば、いくら才能があって強かろうが、
   アモンは、まだまだ10歳のガキだという話。

「ところで、そろそろ終わりにしません? ちょっと疲れてきました。運動するのは嫌いなんですよね」

「まだ、ウォーミングアップすら始まっていないのに、なに言ってんだよ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く