『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

58話 お互いの評価。

 58話 お互いの評価。

「昔話に花を咲かせているところ、悪いんだけど、そろそろ、はじめない? 僕、ヒマじゃないんだよね」

「やるのは構いませんよ。ただ先ほどの約束だけは守ってくださいね。私は、あなたを殺せそうだったら、躊躇なく殺しにかかりますが、しかし、それでも、あなたは、絶対に私に殺意を向けない事。いいですね?」

「ほんと、めちゃくちゃだな、あんた」

「自覚はありますよ。私は正気ではありません。なんせ、ゴキのメンバーですからね。まともなはずがありません。ただ、今回の場合、そちらからの要請を受けて戦っている状態なので、ある程度は、こちらの要求を呑んでもらわないと」

「……ま、別にいいけどね。あんた程度じゃ、絶対に僕は殺せないから。圧倒的実力差のハンデとして、その要求を呑んであげるよ」

 挑発をからめるが、

「感謝します」

 ニコっと笑顔で返されてしまう。

 ――そして、静かに、二人の闘いが始まった。
 アモンは、試験時と同じように、
 魔力とオーラを縛った体技のみの状態で、
 チャバスチャンと戦う。

 開始そうそう、
 『綺麗に手を抜かれている』、
 という事に気づいたチャバスチャンが、

「体技のみで私と戦うおつもりですか?」

 そう尋ねると、

「魔法を使ったら、ついウッカリ殺してしまいそうだからね」

 またもや、挑発していくが、

「丁寧なご配慮、感謝いたします。戦いやすくて、非常にありがたい」

 サラリとかわしていく。

 互いに、体技をかわしあう中で、
 アモンは、心の中で、

(ゴキのチャバスチャン……まあ、強いかな……ゴミスと同じくらい。土台がシッカリとしている。そこらの一般人だと、相手にならない卓越した強さ。非常に優れた才覚を感じる。死ぬ気で頑張れば、楽連に上がることも出来そうなレベル……)

 そう評する。
 かなりの高評価。

 そんな評価を受けているチャバスチャンは、
 心の中で、

(このガキ……尋常じゃないな……この幼さで、この強さ……ヤバいな)

 アモンの強さに対して、普通に引いていた。

(身のこなしから『そうとう出来る』とは思っていたけれど、ここまでとは思わなかった……このガキ……おそらく、ザコーより強い……)

 アモンが、正式に、どのぐらい強いか、
 その辺を数値で明確にすることは出来ないが、
 チャバスチャンは、それなりに『強者』の部類に入るので、
 ある程度『アモンの強さをはかること』が出来た。

 だから、

(こんなガキがいるなんて話は聞いたことがない。これほどの強さがあって、なんの噂も聞いたことがないなんてありえない……なるほど、だからか……)

 気付く。

 ルルの意図。
 今回の龍委ロケハンの目的。

(このガキの底をはからせることと、ゴキとの情報共有……おそらくだけれど、このガキは『最近、各地で起こっている奇妙な事件』の関係者……)

 理解に届くと、
 普通に不愉快になってくる。

(やりたいことはよくわかった。全宮家の視点で言えば、それが非常に大事なことだってこともよくわかる……けど、この状況は『便利に使われている』って感じがして……ウザったいな……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く