話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 ゴキで一番ヤバいのは?

 56話 ゴキで一番ヤバいのは?

「やるのは構いませんが、私、殺されるのはイヤですからね。ちゃんと手を抜いてくださいよ。約束ですからね」

「ついさっき、『やるなら殺す』なんて息巻いていたのに、自分は殺されたくないって? それは通らないんじゃないかな?」

「通るか通らないかなんて、私は気にしていませんよ。私は、いつだって、言いたいことを口にさせていただくだけです」

 チャバスチャンは、全身に魔力を供給しつつ、

「ちなみに言っておきますが、あなたのこと、殺せそうだったら殺しますよ。ただ、私に殺されそうになったとしても、私の事を殺そうとするのはやめてくださいね」

「……ワガママが過ぎるな」

「私、ワガママではないですよ。だって、私は、誰が相手でも、『私のことは殺さないでください』と頼みますからね。私は、相手によって発言を変えたりしないのです。だって、死にたくないというスタンスは、相手が誰であれ、変わらないのですから。だから、私は、ワガママではないのです。むしろ、真摯で実直です」

「……なんか、会話が成立していない気がする」

「そうですか? まあ、そうかもしれませんね。私、あなたと会話をする気があまりないので。あ、でも、お気になさらず。それは、あなた限定の話ではないので。『まともな人間とは、あまり会話をしたくない』というのが、私の基本スタンスなので」

「んー、しっかりウザいなぁ」

 渋い顔で、アモンは、

「あんたと話していると、頭がおかしくなりそうだ」

「よく言われますね。けど、それは、私だけではないですよ。ウチのメンバーは、一般の方から、よく『話にならない』という評価をいただいております。ちなみに『話にならないメンバー』の筆頭が、そちらのヤマトさんなんですけどね」

 その発言を受けて、
 ヤマトが、

「それ、メンバーのみんなから、よく言われるけど、私は納得していないからねぇ。絶対に、チャバくんの方が、私より、話にならないよぉ。チャバくんと話していると、たまに『この人何言っているんだろう?』って普通に首をかしげている私がいるもぉん」

「あなたは『たまに』でしょ? 私は、あなたと話している時は『常にそう』です」

「納得いかないなぁ……あ、でも、さすがに『話にならないかどうか』だけで言えば、『アプくん』の方が、私よりもヤバいよねぇ?」

「いえ、アプソロさんのほうが、あなたよりマシです」

「絶対に、それはないよぉ」

「いえ、あなたが最強です。そこに関しては、譲る気はありません。オージーさんも、ヨリーモさんも『ウチで一番、頭がおかしいのはあなただ』と明言しておりました。証拠もありますよ」

 そう言って、スマホを取り出すチャバスチャン。
 聞こえてくる音声は、ゴキメンバーの会話。



『では、次、ウチで一番頭がおかしい人と言えば?』
『ヤマト』
『ヤマト』
『ヤマト』
『ここは堅いですね』
『絶対に一致するよな』
『イカれ具合で、あいつに勝てるワケないからな』
『ぬるすぎてゲームにならない勢い』
『では、次、ウチで一番まともな人と言えば?』
『あー、それは厳しいなぁ』
『俺じゃない?』
『いや、アプソロ、お前はブービーだ』

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く