『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 どこまでもサイテー。

 55話 どこまでもサイテー。


「今から、私がどこに行こうとしているか教えてあげましょうか? 先ほど、隙だらけのあなたたちの背中を見て、殺意と嗜虐心が燃え上がってしまったので、これから、テキトーな獲物を狩りにいこうと思っているのですよ」


 そんなチャバスチャンのイカれた発言を前にしても、
 しかし、ロコは、
 わずかも怯むことなく、

「ならば、その殺意を、ウチのアモンにぶつけるといい」

 そう言って、タイマン相手を指名した。

 指名を受けたアモンは、
 軽く笑いながら、

「……僕のような『いたいけな子供』を、血に飢えたサイコパス殺人鬼に差し出すとは……とんでもない人ですね、あなたは。いくら、為政者の血族だからといっても、やっていいことと悪いことがありますよ?」

 と、別に思ってもいない言葉を口にする。

「戦いたくないのであれば、拒否してもかまわない。その時は、ゲンを出す」

「……」

 アモンは、三秒だけ黙ってから、

「……まあ、いいですけどね。ゴキメンバーの実力には興味がありますし、それに……」

 そこで、アモンは、チャバスチャンを睨みつけ、

(ああいうクズを放っておくと、上からの評価が下がりそうだしね。……現状は潜入ミッション中だし、ゴキは、別部隊の担当だから、ここでスルーしたとしても、大きなマイナスにはならないだろうけどさ……ま、そういう打算的な理由を抜きにしても、ああいうクズは嫌いだしね)

 などと、心の中、そんな事をつぶやきつつ
 力強く、一歩前に出る。

 その様子を見て、
 チャバスチャンは、
 渋い顔で、

「私、弱いものを殺すのは好きなのですが、強いものと命を削り合うのは、趣味じゃないんですよねぇ」

 タメ息交じりに頭をかきながら、
 そんな、サイテーのことを口にする。

 アモンは、フラットな顔で、

「そうか。なるほど。だから、そんなに貧弱そうなんだね。納得。『初心者狩りが趣味のカス』は、いつまでたっても強くなれない」

「ははは。煽ってきますね。けれど、挑発には乗りませんよ。別に、私は、『強さ』に興味がないので」

「じゃあ、何に興味があるのかな?」

「ん? それ、ほんとに知りたいですか?」

「……いや、べつに。ちょっと聞いてみただけで、ムチャクチャ知りたいってわけじゃない」

 などと言いながら、軽く肩のストレッチをするアモン。
 パキパキっと関節の音がなる。
 肉が軽く軋んで、
 全身に血が巡っていく。

 その様子を横目に、
 チャバスチャンは、

「完全にやる気ですね……」

「うん。もう、スイッチ入っちゃったから、イヤでも戦ってもらう。逃げたかったら逃げてもいいよ。追いかけて、後頭部にケリを入れるから」

「ずいぶんと暴力的なお坊ちゃんですね」

 苦笑しつつ、

「やるのは構いませんが、私、殺されるのはイヤですからね。ちゃんと手を抜いてくださいよ。約束ですからね」

「ついさっき、『やるなら殺す』なんて息巻いていたのに、自分は殺されたくないって? それは通らないんじゃないかな?」

「通るか通らないかなんて、私は気にしていませんよ。私は、いつだって、言いたいことを口にさせていただくだけです」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く