『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 めんどくさいですねぇ。


 54話 めんどくさいですねぇ。

「そちらの二人は、徹底的に追い詰めていけ、という指示を受けました。けれど、想像していたよりも、ずっと強そうですから、正直、任務放棄してよかったなぁ、とホっとしております」

「私たち全員を、あなた一人で相手するつもりだったの?」

「いえ。一応、『アプソロ』さんと、『オージー』さんが助っ人で来てくれる予定でした」

「……『でした』? それって――」

「あの人たちは、現在、音信不通です」

「音信不通? 何か、事件にでも巻き込まれたとか?」

「いえいえ、どうせ、あの人たちも、途中で、『ま、いっか』となった感じでしょう。いつものことです」

「……」

「明日あたりに電話をすれば、おそらく、二人とも、当たり前のように電話が繋がって、」

 『ごめーん、ずっと充電切れていてさぁ。昨日は、いけなくて、ごめんねー。ちょっと、道で、お婆ちゃんが倒れててさー』

「という返事が返ってくるでしょう」

 チャバスチャンの話を聞いて、
 ボーレはしぶい顔をして、

「……俺、将来、偉くなっても、ゴキにだけは仕事を頼まねぇ」

 とつぶやいた。

 その意見に同意しつつ、
 ロコは、

「あたしたちは、全員、それなりに強いという自覚がある。けれど、さすがに、ゴキのメンバー3人を相手にしていながら無傷はあり得ない」

「まあ、実際に戦っていた場合、何人かケガをしていたでしょうね」

 と、頷きながらそう言ってから、

「で? それがなにか?」

 と、キョトン顔で首をかしげながら、そう言ったチャバスチャンに、
 ロコは、

「このまま帰ったら、何もしていないのがバレると言っている!」

「じゃあ、あなたたちで、テキトーに、殴り合ってから帰ればよろしいのでは?」

 と、そこで、ロコは、
 キっと、視線の力を強めて、

「あたしの叔母は、そんな安っぽい嘘が通じるほど、節穴じゃない。……それに、詳しい事情は言えないが、こちらにも少し事情がある。悪いけれど、もう少し、付き合ってもらう」

「ふむ。……で、具体的には何をしろと?」

「こちらから一人、選出するので、その者とタイマンで戦ってもらいたい」

「……めんどくさいですねぇ……」

 ため息をつきつつ、
 そう言ってから、
 少し強い目で、
 ロコを睨み、

「言っておきますが……ブラツクーロさんから、『学生は一人も殺すな』と言われてはいますけど、現状、その指示に従う気は、一切なくなっていますからね。やるなら、殺しますよ」

 そこで、チャバスチャンは、
 両手にオーラを集めて、
 それを見せびらかすように、

「今から、私がどこに行こうとしているか教えてあげましょうか? 先ほど、隙だらけのあなたたちの背中を見て、殺意と嗜虐心が燃え上がってしまったので、これから、テキトーな獲物を狩りにいこうと思っているのですよ」

 そう言ったチャバスチャンの目は普通にイカれていた。
 口調は丁寧で、身なりも整っていて、
 パっと見は、まともそうに見える。
 だからこそ、よけいに、彼の異常性は際立つ。

 チャバスチャンは、それを理解している。
 理解しているから、実行している。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く