『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 言い訳。

 53話 言い訳。

「金庫に入れていた金品のいくつかを、玄関に置いてあります。それをテキトーに持っていってください。全宮ルルには、盗まれたと報告しておきますので」

「あれぇ? もしかして、私たちがくるって知ってたぁ?」

「ブラツクーロさんから聞きました。『何も聞いていないことにして、テキトーに演技をするように』と指示を受けましたよ」

「じゃあ、バラしちゃダメじゃない?」

「もちろんダメですよ。それに、さっきまでは、まじめにやろうとも思っていました。ですが……」

 そこで、神妙な面持ちになり、
 天を仰ぎながら、重たい過去を振り返るような口調で、

「……あなたと話していたら、いろいろとメンドくさくなってしまいました」

 と、ダメ人間大爆発な発言をしてから、

「それに……」

 と、さらに続けて、

「昨日の酒も抜けていませんし、朝食のトーストも焦がしてしまいましたし、なんだかカゼ気味で、ちょっと頭も朦朧としていますし」

 と、自身の不幸を数えながら、

「……そういう諸々が重なった結果、『もう、いっか、メンドくさいし』という感情の暴走が、私の脳内を駆け巡っていきました。というわけで、あなたたちのことはテキトーに流させていただきます」

「あははぁ。こういうところにも、ザコーくんがいない弊害が、しっかりと出ているねぇ」

「そうですね。今回の件も、ザコーさんに言われていたなら、ちゃんとこなしていたと思いますが、ブラツクーロさんの指示だと、どうも、途中で『ま、いっか』と思ってしまうんですよねぇ」

 耳をすまして二人の話を聞いていたボーレが、
 そこで、ボソっと、

「どうやら、結局のところ、最初から、ゴキには話が通っていたみたいだな」

 とつぶやくと、
 となりのゲンが、

「ま、そりゃそうだよな……ただ、状況的に、それだけは絶対に、俺達には言っちゃいけないけどなぁ」

 と、そこで、
 ケムスが、

「僕がくる意味はなかったみたいだね」

 そう言いながら、警戒心を解くと、
 続けて、他のメンバーも臨戦態勢を解いた。

 その様子を尻目に、
 チャバスチャンは、

「私はこれから、少し用事があるので出かけます。掃除するのが面倒なので、本当に、家は荒らさないでくださいね。もし、帰ってきた時、家の中が、少しでも汚れていたら、一人、一人、暗殺していきますからね」

 そう言い残して、
 去っていこうとするチャバスチャンに、
 ロコが、

「待ちなさい」

 と、そう声をかけた。

 立ち止まって、
 ロコの目を見つめてくるチャバスチャンに、
 ロコは、

「おそらく、『ルル叔母様からの依頼内容』の中には、『今日、ここにやってくる学生を痛めつけろ』という項目も含まれているのでしょ?」

「ええ、そうですね。『全力で暴れろ』と指示は受けております。特に……」

 と、そこで、アモンとIR3に視線を向けて、

「そちらの二人は、徹底的に追い詰めていけ、という指示を受けました。けれど、想像していたよりも、ずっと強そうですから、正直、任務放棄してよかったなぁ、とホっとしております」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く