『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 いろいろとダメな人。

 52話 いろいろとダメな人。

「実は、ここ一年ほど、私たちは、ザコーさんに、一度も会っていないのです。ごくたまぁに、電話やメールはくるのですが、それっきりで」

「えぇ? じゃあ、ゴキとしての活動はぁ? ザコーくんいなかったら、いろいろと、面倒なんじゃない? 全宮家と、ちゃんとつながっていたのは、ザコーくんだけだったしぃ」

「今は、ブラツクーロさんがリーダー代理をしていますよ。ただ、お察しのとおり、彼では、色々と問題がありましてねぇ。彼自身にもいろいろと問題はあるのですが、一番の問題は、彼の指示を、我々が『重視していない』という点ですねぇ」

 頭をぽりぽりとかきながら、

「別に、彼のことが嫌いなわけではないのですが、彼には、ザコーくんと違い、カリスマ性がないので、どうも、『命令を聞く気がおきない』んですよねぇ。例えば、命令で『今回のミッションでは殺しを控えろ』と言われても、現場で、『こいつ殺したいなぁ』と思ってしまったら、『殺すなって言われたなぁ……でも、ま、いっか』となって、ついつい殺しちゃうんですよねぇ。いやはや、困ったものです」

「あー、わかるなぁ。私も、ブラくんの命令は聞く気が起きないからねぇ」

「あなたは、ザコーさんの指示も、たいして聞いていなかったじゃないですか」

「そんなことないよぉ。たまには聞いていたよぉ」

「ほかの面々は、ザコーさんの言葉なら、すべて、ちゃんと聞いているのですよ。『我々のような頭おかしい連中のまとめ役』という、非常に、クソ面倒くさい仕事を一身に担ってくれている彼に、我々は、全員、心から感謝している。あなたは、その辺の敬意が足りない。だから、みんなから嫌われているのです」

「人間性うんぬんでモノを言うのなら、私よりも、アプくんの方が、いろいろとヤバくなぁい?」

「ええ、アプソロさんは終わっていますよ。けれど、あなたの方が、ハッキリ上ですね」

 などと、和やかに話している二人を、
 普通に緊張した面持ちで見つめている、
 ロコ・ケムス・ゲン・ボーレの四人。

 アモンとIR3は、
 涼しい顔をしているが、
 いつでも動き出せるように心の準備だけは万端。

 そんな、
 軽くピリついている現場で、
 ヤマトとチャバスチャンは、
 会話を続ける。


「ところで、今日は何をしに我が家へいらっしゃったのですか?」


「チャバくん家の地下金庫にある金目のモノを盗みにきたんだよぉ」

「……ストレートですね。実に『ヤマトさんらしい』というか、なんというか」

 チャバスチャンはタメ息まじりに、

「家を荒らされるのはゴメンなので、地下金庫には近づかないでもらえますか?」

「それは、聞けない頼みだねぇ。なんせ、こっちも、命がかかっているからねぇ」

「金庫に入れていた金品のいくつかを、玄関に置いてあります。それをテキトーに持っていってください。全宮ルルには、盗まれたと報告しておきますので」

「あれぇ? もしかして、私たちがくるって知ってたぁ?」

「ブラツクーロさんから聞きました。『何も聞いていないことにして、テキトーに演技をするように』と指示を受けましたよ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く