『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 チャバスチャンとヤマト。

 51話 チャバスチャンとヤマト。

「――では、殺してさしあげましょうか?」


 背後から急に声がして、
 ボーレとゲンとケムスとロコの四人は、
 反射的に両足に力を込めて、
 バッっと、地面を蹴り上げ、
 振り返りながら、全力で距離をとる。


 すると、そこには、
 高身長で執事服のイケメンが、
 ニコヤカな笑顔を浮かべていた。

 そのイケメンは、
 距離を取らなかった『3人』の内、
 『2人(アモン&IR3)』に視線を向けて、

「度胸がありますね。いきなり背後を取られたら、普通は、驚くなり、逃げるなりするものだと思いますが」

 などと言われて、アモンは、

「いきなり背後を取られたら、もちろん、驚くさ」

 と、挑発的な言葉を返されて、
 執事服のイケメン――チャバスチャンは、

「ずいぶんと口が達者なお坊ちゃんですね。壊し甲斐がありそうです」

「あんたに壊されるほど、僕は脆くないさ」

「本当に、素晴らしい度胸ですね。大変、結構」

 そう言ってから、
 チャバスチャンは、
 ヤマトに視線を向けて、

「久しぶりですね、ヤマトさん」

「そうだねぇ、一年ぶりだねぇ」

 チャバスチャンは、
 ヤマトの顔をジっと見つめ、

「ザコーさんから聞きましたよ。本当に女になっていますね。一瞬、わかりませんでしたよ」

「でしょう? なんだか、体つきが、どんどん、女性らしくなっていくんだよねぇ。この胸とか、ほんと邪魔。正直、男の体の方が楽だから、戻りたいなぁって思うんだけどねぇ」

「戻りたいなら、また完全院リライトに呪いをかけてもらえばいいのでは?」

「いやぁ、ちょっと事情があって、そういうわけにもいかないんだよねぇ」

「……事情ですか。ちなみに、どういう事情かお伺いしても大丈夫ですか?」

「神様的には、私は女である方がいいんだってさぁ。理由はわからないけれどねぇ」

「……はぁ? 神様?」

「そう。実は、私ねぇ、神様にあったんだよぉ。すごかったよぉ。ランク3000の魔法とか、バンバン使ってきてねぇ。世界の終焉がチカチカと、お空の向こうで虹色の渦をまいて――」

「ああ、もう結構。よくわかったので、もう大丈夫です、ほんとに」

 ヤマトの電波発言に慣れているチャバスチャンは、
 『理解しようとする気概』をハナから一ミリも見せず、
 心底ウザそうな、辟易した顔で、ヤマトの言葉をぶったぎる。

 そんな彼に、ヤマトは続けて、

「ちなみに、チャバくん的にはどう? 私は男の方がいい? 女の方がいい?」

「……どうでもいいです。ほんとうに、ほんとうに、どうでもいい」

 切り捨てるようにそう言うと、
 チャバスチャンは、
 ゴホンと、大きめのセキをはさんで、

「ところで、ヤマトさん。ザコーさんが、今、どこにいるかご存じですか?」

「ん? なんで、私に聞くのぉ?」

「最後にザコーさんと会ったのが、あなただからですよ。ヤマトさん」

「ほえ?」

「実は、ここ一年ほど、私たちは、ザコーさんに、一度も会っていないのです。ごくたまぁに、電話やメールはくるのですが、それっきりで」

「えぇ? じゃあ、ゴキとしての活動はぁ? ザコーくんいなかったら、いろいろと、面倒なんじゃない? 全宮家と、ちゃんとつながっていたのは、ザコーくんだけだったしぃ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー341487

    0
コメントを書く