『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

49話 チャバスチャンとヤマトの関係。

 49話 チャバスチャンとヤマトの関係。

 まだまだ、ケムスは、ヤマト以下の剣士。
 真正面から、剣のみのルールで闘ったとしても、
 『ザコー』や『ブラツクーロ』に勝てるかどうかわからない、
 という、その程度でしかない。

 ここに関しては、ケムスが弱いのではなく、
 ゴキのメンバーが、あまりにも強すぎる。

 ケムスは、しぶい顔で、

「僕とロコ様とヤマトとゲンがいるこのメンバーなら、単純な殺し合いの場合、ほぼほぼ負けることはないでしょうけど……今回のような、『相手を殺してはいけない』という、限定ルールがある場合、なかなか、予想通りの結末に持っていくのは困難」


 こんかいの試験内容は『ステルスミッション』。
 チャバスチャンを殺すことが目的ではなく、
 金目のものを盗んでくることが目的。

 また、ゴキと全宮家は、裏で繋がっているため、
 ゴキに大きな被害を与えることは許されていない。
 よって、『チャバスチャンを殺してはいけない』というのは、
 今ミッションにおける、明確なルール。

「潜入して、金目のものを盗んで、それが成功したのちに、チャバスチャンと、本試験についての話し合い……もうムチャクチャですよ。『世界最高クラスのサイコパスと噂のチャバスチャン』でも、さすがに、『こいつら、頭おかしい』って呆れ果てると思いますよ」

 と、そこで、
 運転席のボーレが、

「俺たちのイカレ方を面白がってくれたら、ありがたいんだけどなぁ……」

 ボソっとこぼしたその言葉に、
 ヤマトが、

「面白がるとは思うけどぉ、だからって、『こっちにとって都合のいい対応』をしてくれるとは思わない方がいいねぇ。チャバくんは、性格悪いからねぇ」

 窓の外に顔を出して、
 流れる風を感じながら、
 そうつぶやいた。

 その発言に対し、
 ボーレは、

「……あの、この際、聞いちゃいますけど、ヤマトさんって、やっぱり、ゴキのヤマトなんですか?」

「違うよぉ。今の僕は、ロコ様の配下で、ゲンくんの相棒。それ以上でも、それ以下でもない、純粋な美少女だよぉ」

「今のってことは……前はゴキのヤマトだったんですか?」

「そういう時期もあったかもねぇ」

「……」

 名前と、実力と、年齢と、容姿、
 その辺から、学内では、

 『Sクラスのヤマトって、ゴキのヤマトじゃね?』
 『ヤマトって男じゃないの?』
 『ゴキが、学校に通うわけねぇだろ』
 『えー、でもぉ』

 的な感じで噂にはなっていたが、
 ヤマトは、近寄りがたい存在――
 というか、素のオーラが怖すぎて近寄りたくない存在なので、
 誰も、
 『あなたは、ゴキのヤマトですか?』
 という質問を投げかける者はいなかった。

 ボーレも、
 『そうじゃないかなぁ』とは思いつつも、
 別に、確証を得たからといって、
 なにか得になるわけでもないので、
 今まではスルーしてきたが、

「……あの、じゃあ、チャバスチャンとも知り合いですよね? どうにか、間に立ってもらうとかできません?」

「チャバくんは、私のこと嫌いだからねぇ。むしろ、私がいることで、変にこじれるかもねぇ、あははぁ」

 と、快活に笑うヤマトに対し、
 ゲンが、渋い顔で、

「なに、ワロてんねん」

 と、心底からの言葉を投げかける。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く