『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

48話 それでは、金目のものを盗みにいこうか。

 48話 それでは、金目のものを盗みにいこうか。

(たしか、遺跡ダンジョンの最奥には、コスモゾーン・レリックがあるんだっけ?)

(らしいわね。詳しいことは伏せられていたけれど、シアエガと同等クラスのコスモゾーン・レリックって話らしいわ。この前、報告を受けた段階で、すでに、7個は回収したって話だったから、今はもっと増えているかもね)

 遺跡ダンジョンで発見したコスモゾーン・レリックは、
 すべて、『GOO(グレートオールドワン)』級。
 ただでさえ、強力なゼノリカの戦力が、
 日に日に、膨張しているのが現状。

(僕も、できれば、遺跡調査の方に参加したかったなぁ……こんな、しょっぱい仕事よりも、絶対、そっちの方が『評価』を稼げるよ。ああ、あの時、判断ミスを犯してさえいなかったら、遺跡探索メンバーに加われる可能性もなくはなかった……そこで成果を示せれば、あるいは、上に上がれるという可能性もあったのに……くっそぉ……)

 当時の失敗を思い出して奥歯をかみしめるアモン。

 そんなアモンに、

(……『九華が完璧なバランスでパーティを組んでいるから楽勝でクリアできている』というだけで、実際、メチャクチャ強力なモンスターが大量に沸いて出る危険なダンジョンみたいだから、天下がパーティに組まれることはないと思うわよ)

(自分を基準に物事を考えるなよ。僕は、将来、間違いなく十席に名を連ねる本物の天才。未来を見据えて『今のうちに経験を積ませておこう』と考えてもらえる可能性はゼロじゃなかった)

(……まあ、どんな願望を思い描こうと、個人の自由だから、好きにしてくれればいいけれど……)



 ★



 午前中にすべて準備を整えて、
 さっそく、その日の夕方、
 新たにケムスを迎え入れた龍試委員会のメンバー『7人』は、
 ゴキのメンバーの一人である『チャバスチャン』のアジトへと向かった。

 全宮家の権限で、車を出してもらい、
 運転手は、パシリのパシリであるボーレが担当。

 見渡しのいい広い道を、
 一定のスピードで走り抜けていく車内で、
 ケムスから、

「いきなり、『龍委に入れ』と命じられ、その流れのまま、『ゴキのチャバスチャンにケンカを売りにいくからついてこい』と強制連行……人使いの粗さがハンパじゃないですね、ロコ様」

 怨み節を言われて、
 ロコは、

「ゴキを相手にする以上、戦力は出来るだけ底上げしておきたかったのよ」

「……チャバスチャンと言ったら、『イカれたヤツしかいないゴキ』の中でも、トップクラスのサイコパスだって噂の変態じゃないですか……そんなのを敵に回して、大丈夫なんですか?」

「何一つ大丈夫とは言えないわね。確実に、ややこしいことになるわ」

「……はぁ」

 深いため息をつくケムス。
 この一年、ゲンと鍛錬を続けたことで、
 爆発的な成長を見せたケムス。

 彼女は、間違いなく強くなったが、
 しかし、ゴキのメンバーを殲滅できる力があるかと言えば、
 決して、そういうわけではない。

 まだまだ、ケムスは、ヤマト以下の剣士。
 真正面から、剣のみのルールで闘ったとしても、
 『ザコー』や『ブラツクーロ』に勝てるかどうかわからない、
 という、その程度でしかない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く