『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

46話 地獄のダンジョン。

 46話 地獄のダンジョン。

 『五大家の血縁以外の者』なら誰でも入れるのだが、
 あまりにも難易度が高すぎて、
 一般人のレベルでは、誰も攻略できない鬼ダンジョン。

 そんなダンジョンを内包している遺跡が、
 この世界には、いたるところに存在する。
 確認されているだけで、20以上。

 エリアAの郊外にある遺跡のダンジョンに、
 一度、クリムゾンスターズが挑んだこともあるのだが、
 しかし、踏破することは叶わず、
 メンバーの何人かが殺されるだけに終わった。

 ちなみに、その挑戦時においては、
 三つほど『コスモゾーン・レリック』も持ち込んでいるのだが、
 それでも、最下層まで降りることが出来なかった。
 コスモゾーン・レリックを使えば、さすがに、
 ザコモンスター等は、なんとか対処できるのだが、
 しかし、中ボスや、ワナの解除に手間取り、
 結果的には、敗走を余儀なくされた。

 ※ この時に持ち込まれたコスモゾーン・レリックは、三つとも、『奉仕種族級』。
   コスモゾーン・レリックの中ではショボい方だが、
   しかし、強大な力を持っているのは事実。

 ちなみに、コスモゾーン・レリックの階級は以下の通り。


 『アウターゴッド級』「存在はするらしいが、誰も見たことはない。別次元のスペックを誇るらしいが、定かではない」
    <
    <
    <
 ~~越えられない壁~~
    <
    <
    <
 『グレートオールドワン級』「通称、GOO。GOO級の中でも、明確な格差が存在し、【最上級】と【最下級】はくらべものにならない」
    <
 『奉仕種族級』「決して弱くはない。尖った性能を持っている種が多いため、使い手によっては、かなりの力を発揮することも……なくはない」


 『コスモゾーン・レリックを装備したクリムゾンスターズ』で踏破不可能となれば、
 『人類では攻略不可能』という結論に至り、
 結果、暗黙の了解的に、
 『遺跡ダンジョンは立ち入り禁止』という扱いになった。

 法の上で『入ってはいけない』と成文化されているワケではなく、
 『別に、無理して止めはしないけど、入ったら、ほぼ確実に死ぬから、死にたくないなら、入るのは、やめておけ』と警告されている感じ。

 『遺跡ダンジョンの最奥には、とんでもないお宝が眠っている』というウワサだけは広がっているため、『警告を無視して、挑戦する者』が、たまにいるのだが、生きて帰ってきたものはほとんどいない。
 命からがら逃げかえってきた者は、口をそろえて言う。

 『あそこは、神様の悪ふざけだ』と。


(現状、天上の大半が、各地の遺跡を調査中。さすがに、全員を投入するのもアレだから、何人かは、各エリアの調査を行っているけれど、すべての遺跡調査が終わるまでは、あまり派手に動く気はないらしいわ)

(すべての遺跡を踏破するまで……となると、上が総力を結集したとしても、結構時間がかかりそうだね。まだ、見つかっていない遺跡とかもあるみたいだし)

(未発見の遺跡を探し出すのにも、時間は当然かかるけれど、単純に、ダンジョンを攻略するだけでも、時間がかかるものが、結構あるらしいわ。難易度の問題というより、単純に、大量の時間を必要とするダンジョンも少なくないみたい。簡単に攻略できるダンジョンも、それなりにはあったみたいだけれど)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く