『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

44話 繊細かつ大胆な殺意。

 44話 繊細かつ大胆な殺意。

「拒絶した場合、なんすか? 退学っすか? もー、別に、それでいいっすわ、俺。退学宣言くらう前に、こっちから退学届けをたたきつけて――」

 と、ボーレが、投げやりな言葉を吐き捨てるが、

「――『殺す』って書いてあるわね」


 ロコが、そう言ったのを聞いて、
 ボーレは険しい顔で、押し黙った。

「……『これは冗談でも過剰表現でもない。手持ちの部隊を総動員して、八つ裂きにする』……って書いてあるわよ」

 数秒の沈黙が空間を支配する。

 五秒ほど経ったところで、
 ボーレが、苦々しい表情で、

「なに、この繊細かつ大胆な殺意……ルル様、ブチ切れてんじゃん。誰だよ、こんなに怒らせたの。あの温厚なルル様を、これだけキレさせるって大したヤツだな」

「いや、別に、キレてるわけではないと思うけど」

「キレてんだろうが! そうじゃなきゃ、こんな『ハチャメチャな殺意』を向けてくるわけねぇだろ! つぅか、お前だろ、ルル様をキレさせたの! 噂で聞いたぞ! 試験の方法にイチャもんつけて、軽くモメたって! なんで、そういうことするかなぁ! 空気読めないわぁ! だから、友達が一人もいねぇんだよ! このクソボッチがぁ!」

「軽くモメたのは事実だし、俺がクソボッチなのも事実だが、今回の件は、それが理由じゃねぇよ」

「言い逃れとは見苦しい! 潔く罪を数えろ! お前をそんな恥知らずに育てた覚えはないぞ!」

「だから、お前の世話になったことは一度もねぇ」

 と、そこで、
 それまで黙っていたアモンが、

「わめいていても、何にもならないと思うのですが?」

 続けて、IR3も、

「いいかげん、話を進めませんか? 時間の無駄です」

「……なんで、お前ら、そんな呑気にいられるんだ? ゴキにケンカを売ってこいって言われてんだぞ? そんで、行かなきゃ殺すって言われてんだぞ? クールかましている場合じゃねぇだろ。むしろ、ちょっとは焦れよ」

「どうせやらなければいけないのであれば、どう切り抜けるべきかを考える方が、合理的だと、僕は考えます」

「はっ。多少、マシな力を持ってはいるようだが、しかし、しょせんはガキだな。いいか、坊ちゃん、合理なんて言葉は幻想だ。そんなもの、現実には存在しない。この世に存在するのは、いつだって混沌と虚無感だけ。それが世界の真実だって、この前読んだ小説のキャラが言っていた気がしなくもないぜ」

「お前の言葉とちゃうんかい。しかも、あやふやじゃねぇか。よく、それで、ガン見栄切れたな」

 ゲンの呆れ交じりの言葉を受け流してから、
 ボーレは、
 ロコに視線を向けて、

「というか、ロコ様……これ、マジでやるんすか? 普通にガチでヤバいすよ、こんなの。ゴキは、シャレの通じる相手じゃないんですから。そのことは、あなたも、よくご存じですよね? 『イカれたキ〇ガイ』でありながら、一切シャレが通じないっていう、ガチンコで狂い尽くしたエキセントリックサイコパスの巣窟。それがゴキですよ」

 ボーレのガチな言葉を受け止めたロコは、


「……正直、もう少し、まともな雑用を任されると思っていたわ……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く