『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

43話 ファンキーな試験内容。

 43話 ファンキーな試験内容。

「……『ゴキのアジトから金目のものを盗んでくる試験』か……ずいぶんと、ファンキーな試験だな……」

「ファンキーですむかよ。ふざけんなよ。誰がこんな試験やるんだよ」

「受けるやつがいるかどうかはともかく、一度、龍委のメンバーにロケハンをやらせるって書いてあるな……」

「狂ってんな、おい……やべぇよ、この学校。前から、色々、頭おかしいとは思っていたけど、ここにきて、アクセル全開のブーストふかしてきたな……『質量のあるキ〇ガイ』がとどまるところを知らねぇ」

「……あ、でも、一応、ゴキのメンバーには話を通すことになっているな」

「……その連絡係も『龍委にやらす』って書いてあるぞ」

「大変だな、ボーレ。殺されないように、注意していけ」

「なんで、ナチュラルに俺がやることになっている感じ?!」

「こういう、雑用は、一番の下っ端がやるもんだろ」

「――『ちょっと金目のものを盗ませていただきたいので、アジトの場所を教えていただけますか』なんて連絡を入れたら『いい度胸だ、かかってこい』ってなって、死んで、終わりだろうが! アホかぁ!」

 と、そこで、ロコが、

「忍び込むアジトの場所自体は決まっているみたいよ。学園の東、約20キロの地点にあるチャバスチャンのホームらしいわね」

「あ、この住所、ガチだねぇ。あははぁ。この学校の情報班、なかなか優秀だねぇ」

 と、そんなことをつぶやくヤマトに、
 ゲンが呆れ顔で、

「おいおい、マジでゴキにケンカ売る気かよ……」

 現状の理解に到ると、
 ボーレは、頭を抱えて、

「……『ロケハン』と『本番』で、計2回、カチコミをかけるわけか……どうやら、この学校、裏社会に全力でケンカを売る気らしい……」

「この資料を読む限り、どうやら『ゴキのメンバーに話を通す』っていうのは、『一回、ガチでカチコミをかけてみて、実際の難易度を確かめた後に、二回目のカチコミを許してもらえるように交渉する』って意味らしいな」

「……この企画を考えた大馬鹿野郎は、一回、死ぬべきだな……ちょっと、誰か、この企画の発案者を、俺の前に連れてきてくれ。みんなを代表して、熱い説教をかましてやるから」

「ルル様発案らしいぞ」

「なんて素敵な企画なんだ」

「こんなに素敵な企画の『代表(責任者)』になれるなんて、さすが、ボーレ先輩。器が違うっすね」

「いやいや、何を言っているんだ、『代表(生贄)』。これほど美しい企画の中心人物になれるのは、『ロコ様の剣』であるお前を置いて他にいないだろう」

「いやいや」

「いやいやいや」

 と、ゲンとボーレが、
 互いに、『代表(貧乏クジ)』の座を擦(なす)り付け合っている横で、
 ロコが、資料に目を通しながら、

「ロケハンには、龍委のメンバー全員で向かうこと……この任務を断ることは許されない。もし、拒絶した場合……」

 と、前提条件について音読していくと、
 ボーレが、やさぐれた顔で、

「拒絶した場合、なんすか? 退学っすか? もー、別に、それでいいっすわ、俺。退学宣言くらう前に、こっちから退学届けをたたきつけて――」

 と、投げやりな言葉を吐き捨てるが、

「――『殺す』って書いてあるわね」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く