話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 日頃の行い。

 42話 日頃の行い。

「痛いんですけど」

「俺は、その何万倍も苦しんだんだ!」

「お前が悪いんだろうが」

「お前が止めなかったのが悪い! 俺は被害者だ! 被害者は常にただしい! というわけで、今後、龍委として働いていく上で発生する面倒事は全部任せた!」

「俺に下っ端役を押し付けたかったら、まずは、タイマンを申し込んでこい。俺より弱いやつの命令を聞く気は一ミリもない」

「ふざけるなよ、ゲン! お前が、まだまだ弱かった時、必死になって世話をしてやった恩を忘れたとは言わせないぞ! そもそも、お前が、この学園に入学できたのは、完全に俺のおかげだ! その恩を今返せ! さあ、返せ!」

「お前の世話になったことは一度もない。お前のせいで、試験に落ちかけたことを、俺は今でも根に持っている。もし、この世に殺人罪という概念がなかった場合、俺は、確実にお前を殺していた」

「この恥知らず! 金魚のフン! 鬼畜! 破廉恥(はれんち)! 傍若無人! 礼儀知らず! へちゃむくれ!」

「へちゃむくれは受け入れるが、他はすべて、ブーメランだな。一度、鏡、見てこい。四天王全員分の業を背負った男が、そこにいるから」

 軽佻浮薄だけではなく、
 傲岸不遜も、自業自得も、厚顔無恥も、
 全てを背負ったパーフェクトヒューマン、
 それが、一人四天王ボーレ。

「ハゲブタ! 刑務所生まれ!」

「……さっきも言ったが、俺はまだハゲてないし、結構な細マッチョだ。この年で、これだけのイカついボディをしているガキはめったにいないぞ……つぅか、最後のひどいな。その一言だけで、お前の人間性がうかがえるってもんだ。もし、同じ学校じゃなかったら、絶対に近づかんレベル」

「あー、もー、マジかよ! なんで、俺がこんな目に!」

「教えてやるよ。日頃の行いが悪いから」

 と、綺麗に締まったところで、

 扉がガラガラっと開いて、

 資料の束を抱えたオールバックの教員が入ってきた。

 そのオールバックは、資料を机の上に置くと、

「あ、じゃあ、これの処理、お願いします。というか、こっちの方は、全面的に任せます。私は、明日の鬼試の準備で、手が離せないので。じゃ、よろしくです」

 とだけ言い残して、
 そのまま、教室を出ていった。

 その背中を見送りながら、
 ゲンが、ため息交じりに、

「おいおい、丸投げかよ」

 と、つぶやいたと同時、
 ロコが、資料を手に取りつつ、

「そっちの方が、ごちゃごちゃ指示されるよりマシだわ」

 そう言いながら、資料に目を通していく。

 続けて、他のメンバーも、全員、
 資料に目を通していく、
 ――すると、
 途中で、ボーレ、

「え、マジで言ってんの? バカなの、この学校……」

 と、渋い顔で、声を漏らした。

 ゲンも、それには同意と言った顔で、

「……『ゴキのアジトから金目のものを盗んでくる試験』か……ずいぶんと、ファンキーな試験だな……」

「ファンキーですむかよ。ふざけんなよ。誰がこんな試験やるんだよ」

「受けるやつがいるかどうかはともかく、一度、龍委のメンバーにロケハンをやらせるって書いてあるな……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く