『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

40話 明確なボーダー。

 40話 明確なボーダー。

「ちぎれる、ちぎれる、ちぎれる、ちぎれる!!」

「安心してください。肉をちぎるようなマネはしません。肩甲骨は砕いていきますけど」

「砕くな、砕くな、砕くなぁ!!」

「火手ランク6」

「おい、お前、なんか魔法使わなかったかっ……って、あっつぅううう!!」

「僕の地元では、肉を焼き、骨を砕くという治療法が、一般的でしてね」

「ふざけんな! そんな魔界みたいな地元があってたまるか!」

「非常にお疲れのようですので、念入りにやらせていただきます」

 黒い笑顔でそう言うと、
 アモンはさらに力を込めていく。

「いだいいだいいだ、いだいってぇえ!」

 逃げようとすると、
 しかし、がっしりと掴まれているため、
 まったく動くことが出来ない。

(なんだ、こいつの、このバカ力……う、うごけねぇ!)

「さて、次は電気療法といきましょうか。雷手ランク7」

「ぴぎぎぎぎぎぎっ!」

「先輩の肩コリは、ずいぶんと頑固ですねぇ。仕方ない。ここから、さらに、本格的な施術をしていくことにします。というわけで、まずは、全身に、針を入れていきましょう」

 そう言って、
 アモンは、アイテムボックスから、
 『ドラ〇エのどくばり』みたいな、クソぶっとい針を取り出して、

「まずは、肩こりの特効ツボである『肩井(けんせい)』からいきますねぇ」

 と言いながら、右肩に向かってグサっといく。

「ぶげぇええええ!」

「ああ、ごめんなさい。深く刺しすぎて、肺先を破ってしまいました。気胸になって、呼吸がしづらくなると思いますけど、まあ、でも、肩コリを治すためですし、仕方ないですよね」

 などと言いながら、左肩にも同じように、
 グサっといく。

「だぁああああああ!!」

「んー、まだコリがとれないなぁ……ちょっと神経毒を使いますねぇ。これが、また効くんですよぉ。『人体の防衛反応がうまく覚醒すれば』の話ですけど。まあ、でも、先輩なら、問題ないでしょう。なんせ、この僕を、舎弟にするほどの人なんですから」

 そう言いながら、
 消費アイテムで、ハリに猛毒を付与するアモン。

 問答無用でボーレを壊そうとするアモンに、
 IR3が、

「その辺にしておきなさい」

 と声をかけた。
 すると、アモンは、平坦な顔になって、

「……子分を止めるような言い方はやめろ。この状況下であんたの命令を聞かなければいけない理由はない」

「そのまま続けたら、今後のミッションにおいて、色々と支障が出そうだから、その辺でやめておくべきだと、正式に警告している」

「今後のミッションを円滑に進めるために、徹底的にやっている。どっちが上か知りたいようだったから、こうして、丁寧に教えてあげているんだ」

「もう十分に理解している。そうですよね、先輩」

「ひゃ、100%、よくわかった! もうふざけたマネはしないから、許してくれ!」

 涙目で訴えるボーレの顔を横目に、
 IR3は、淡々と、

「その先輩が調子に乗っていたのは事実。けれど、すでに反省し、降参している。これ以上の暴行は見過ごせない」

「バカは徹底的にやらないと同じ事を繰り返す」

「真理ね。けれど、だからといって、ふりかざしていいものではない。クズに道理を教えるのも、上に立つ者の仕事の一つ。けれど、そこには明確なボーダーがある」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く