『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 世界のコトワリ。

 39話 世界のコトワリ。

「うっせぇ、屁理屈クソ野郎。そんなんだから、お前は一生童貞なんだ」

「え、俺、一生童貞なの?」

「あたりまえだろ、世の中を、なめんなよ」

「1ミリもナメてねぇよ。むしろ、この世の誰よりも頑張って生きているっつぅの」

「お前ごときが、『頑張っているアピール』をするなど、片腹いたい! 本物の努力の前では、お前のやってきたことなど、ハナクソに等しい」

「言っておくが、俺は、生まれてこのかた、ずーっと、朝から晩まで必死になって努力を続けてきたんだが?」

「たかが『6年ちょっと』を積んだ程度で威張るな」

 ピシャリと言い切ってから、

「最低でも、200億年くらいは頑張らないと、本当に努力したとは言わないんだよ」

「努力のハードル、高ぇな、おい」

 と、ゲンが、
 『ボーレの支離滅裂な発言』に心底辟易したところで、
 ボーレが、

「さてと……それじゃあ、あの生意気そうなツラした後輩に『世界のコトワリ』ってヤツを、叩き込んでくるとするか」

 などと言いながら、ザっと席を立って、
 アモンの元までズカズカと歩いていく。


「おい、こら、新入り。てめぇ、先輩が斜め前に座っているってのに、いつまでたっても挨拶がないのは、どういうことだ、ああ、ごらぁ?」


 チンピラ力全開でアモンに絡んでいくボーレ。

 ウザ絡みをされたアモンは、
 すまし顔で、

「ロコ様とあなたが、この教室に入ってきた時、『おはようございます』とあいさつをしたはずですが?」

 そう言うと、

「んな話はしてねぇんだよ、ボケ、ごらぁ。『おはようございます、の一言だけで済ませる気か、このボケが』――という極めて高度な話をしとるんじゃい、アホんだらぁ。お茶を用意するなり、肩を揉むなり、色々と方法はあるだろうが、カスがぁ!」

 ガンガンにかましていくボーレに対し、
 アモンはニコっと微笑んで、

「気がつかなくて申し訳ありません。では、肩をお揉みいたしますので、そちらの席に腰かけていただいてよろしいですか?」

「ほう! なかなか、話の分かるヤツじゃないか! 気に入った! 俺の舎弟にしてやろう! 俺の舎弟はいいぞぉ! なにがどうとは言えんけど、とにかく、いいぞぉぉ」

「うれしいです。舎弟にしていただいて、ありがとうございます」

 そう言いながら、
 アモンは、
 目の前のイスに腰かけたボーレの肩に手を伸ばす。

「力加減が悪かったら、遠慮なく言ってくださいね」

「よきにはからえ」

「では」

 そう言うと、アモンは、
 ゆっくりと、両手に力を入れていく。

「おいおい、弱すぎるぞ。新入り。俺の舎弟になった以上、ガキだからって、甘えは許されん! もっと力強く揉まんかい!」

「はい、わかりました、先輩!」

 元気よく返事をすると、アモンは、
 両手にオーラと魔力を込める。
 となれば、当然、

「いだいだいだいだいだいだいだいっっっ!!」

「動かないでください、先輩。まだ、マッサージは終わっていません」

「ちぎれる、ちぎれる、ちぎれる、ちぎれる!!」

「安心してください。肉をちぎるようなマネはしません。肩甲骨は砕いていく所存ですが」

「砕くな、砕くな、砕くなぁ!!」

「火手ランク6」

「おい、お前、なんか魔法使わなかったかっ……って、あっつぅううう!!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く