『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 一生童貞。

 38話 一生童貞。

「あの、『キツい、しんどい、メンドくさい、ふざけんな』でおなじみの龍委に……こ、この俺が……」

「この中で最弱である君のミッションは、いわば、『パシリのパシリ』だ。せいぜい、頑張って働いてくれたまえ」

「……ふざけたことをぬかすな。俺を誰だと思っている。全宮学園Sクラス四天王の一人『軽佻浮薄(けいちょうふはく)のボーレ』だぞ。あの『傲岸不遜(ごうがんふそん)のドンフー』から『さすがの俺(ドンフー)でも、お前よりはマシな気がする』と評された、生粋の超人だ。その俺様が、龍委なんて面倒な仕事をするわけがなかろう」

 ちなみに、『全宮学園Sクラス四天王』の残りの二人、
 『自業自得のパーミス』と『厚顔無恥のルクギッド』からは、
 『お前(ボーレ)がいてくれて、よかった。おかげで、自分がマシだと思える』
 と、ほぼ同じことを言われている。

 ボーレ、ドンフー、パーミス、ルクギッドは、
 能力的に劣っているわけではないが、
 性格に難があることで有名な四人。

 ちなみに、ルクギッドが卒業した場合、
 ゲンが、『厚顔無恥』の称号を受け継ぐことが正式に決定している。

 『ボーレの卒業後に、軽佻浮薄をヤマトに継がせるべきじゃ?』という話もあったのだが、ヤマトが怖すぎて、誰も『そうしよう』という決断は下せなかった。

「ボーレ、お前がどう思おうと勝手だけど、ロコ様に見つかってしまった以上、もはや逃げることは出来ない。諦めて、『パシリのパシリ』を頑張れ」

「ふざけるな。俺は、絶対に『下っ端要員』にはならん! ロコ様に逆らうわけにはいかないから、『龍委に入ってしまった』という件は涙を呑んで諦めるが、最下位ポジションにつく気はない」

「なら、どうする? 俺と戦って、どっちが一番下かを、正式に決めるか? 俺は別にいいぞ。お前とは、まだ、一度も全力でやりあったことがないし」

「俺がお前に勝てるワケないだろ。バカが。常識で考えろ。クズが」

「……」

「わざわざ、お前という面倒なヤツを相手にしなくとも、あそこに、いいカモがいるじゃないか」

 そう言いながら、ボーレは、アモンを指さす。

「……ガキの新人が、保留合格で入ったというウワサは聞いている。あいつがそうだろ?」

「まあな」

「なんで、昨日試験を受けたばかりの新入りが、さっそく龍委に入っているか不明だが……なんにせよ、『ギリギリでしか合格できないようなカス』が、全宮学年Sクラス四年であるこの俺に勝てるわけがねぇ。『ガキをイジメる』のは趣味じゃないが、俺の尊厳のためにも、ここで上下関係をハッキリさせておく」

「アモンにはケンカを売らない方がいいぞ。ぶっちゃけ、あいつは、俺よりも強い」

「ボケが。そんなヤツが、保留合格になんてなるワケないだろ。俺を騙したかったら、もっと気合の入った嘘をつきやがれ、ハゲ野郎」

「この年でハゲていたら、確実に重たい病気だから、イジるのはやめておけ」

「うっせぇ、屁理屈クソ野郎。そんなんだから、お前は一生童貞なんだ」

「え、俺、一生童貞なの?」

「あたりまえだろ、世の中を、なめんなよ」


「1ミリもナメてねぇよ。むしろ、この世の誰よりも頑張って生きているっつぅの」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く