『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 龍委のおしごとっ!

 37話 龍委のおしごとっ!

「……りゅ、龍試委員会に……入れてください」

「あらあら、『龍試委員会』なんていう『面倒な仕事』は、あなたの大嫌いな『雑用』の最たるものなのに、自ら、その面倒を背負おうとするだなんて、珍しいこともあったものねぇ」

 別に、ルルは、ゲンについて『詳しい』わけではないが、
 しかし、
 ――『たった一年で、とんでもない成長を果たしてみせた、たぐい稀な資質を持つ、姪(めい)の剣』について、

 『何も知らない』というわけでもない。

 少なくとも、『入学試験の試験官を、【時間の無駄だから】というそれだけの理由だけで、ガチンコの全力で嫌がった』という経緯は知っている。

 ゆえに、

「明日あたり、雹でも降るんじゃないかしら」

 などと、からかってくるルルの言葉に、
 ゲンは、

「……」

 無言で、軽くにらむだけにとどめる。

 そんな、ゲンの睨みを軽く受け流してから、
 ルルは、真剣な表情で、



「――さっそく、明日から、『龍委』として働きなさい」



 と、強い口調で命令すると、
 続けて、アモンとIR3に視線を向けて、

「あなたたちもよ。あなたたち二人の入学準備は、こっちで全部やっておいてあげるから、明日から、さっそく、龍委として働いてちょうだい」





 ★





 ――翌日の朝、
 ルルの命令に従い、第五校舎に向かったゲン。

 エントランスを抜けて、
 一階の奥にある会議室に足を運ぶと、
 そこでは、すでに、
 『ゲン以外の全員』が集まっていた。

 ロコ、アモン、IR3という、昨日のメンツと、
 『雑用の雑用』としてロコに連れてこられたボーレと、
 基本的にはゲンとセットのヤマト。

 この計6人が、龍試委員会のメンバー。

「……おい、ゲン。これは、どういう状況だ? 俺は、どうして、ここに連れてこられたんだ?」

 席につくと同時、
 隣に座っているボーレが、
 そんなことを尋ねてきた。

「は? 逆に、どういうこと? むしろ、お前はなんで、ここにいるんだ?」

 ゲンが『質問の意図からして不明だ』と態度で示すと、
 ボーレは、少し丁寧に、
 『自分の置かれた状況』について語りだす。

「あ、ありのまま、今日、俺の身におこったことを話すぜ。今朝、廊下でロコ様とすれ違った時に、軽く挨拶したら、首根っこ掴まれて……気づいたら、ここに座っていた。何を言っているのかわからないと思うが、俺も自分の状況が一ミリも理解できてねぇ……」

 この世界に存在する『人間(変なヤツ)』が、
 『たまに、テンプレセリフを口にする』ということに、
 すっかり慣れてしまったゲンは、
 その部分に対しては、特に引っかかることなく、

「……ああ、なるほど」

 と、納得の頷きをみせる。

「理解できたのか? なら、俺に、俺の状況を教えてくれ」

「おめでとう。ボーレ、君は、栄えある龍試委員会のメンバーに抜擢された」

「なん……だと……」

 驚愕の表情を浮かべるボーレ。
 ワナワナと震えながら、

「あの、『キツい、しんどい、メンドくさい、ふざけんな』でおなじみの龍委に……こ、この俺が……」

「この中で最弱である君のミッションは、いわば、『パシリのパシリ』だ。せいぜい、頑張って働いてくれたまえ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く