『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 強引なパッケージ。

 35話 強引なパッケージ。

「龍試委員のメンバーとして、しばらく、学園に貢献してくれたら、その時は、あなたたちの合格を正式に認めるわ」



「……わかりました。その任務、謹んでお受けいたします」



「ありがとう。話がはやくて助かるわ」

 と、簡素な言葉を投げかけることで、
 『全宮ルル』と『アモン&IR3』の話し合いは終わった。

 となれば、当然、次は、
 ゲンたちの番。

 ルルと『アモン&IR3』の話に区切りがついた直後、
 かみつくような勢いで、

「さっきも言った通り、俺はまだ負けていません。切り札があるというのは、ハッタリではなく事実です。あの女の切り札がどんなもんか知りませんが、俺の方が上だと断言できます。ぶっちゃけた話、その気になりさえすれば、あの二人程度を殺すことは容易でした」

 などと言い切っているものの、
 本音を言えば、

(切り札を切ったとしても、負けていただろうなぁ。セイバーが使えれば、そりゃ、楽勝だけど、絶対に使えないしなぁ)

 と思っているのだが、
 この場で、弱腰発言を口にしても、
 自分が不利になるだけなので、
 あえて、『極端なほどの強気発言』で押し通すゲン。

「よって、退学というのは納得が出来ません」

 ゲンがそう言ったのを受けて、
 ルルは、感情のない表情で、

「あなたが納得しようがしまいが、そんなこと、どうでもいいわ。さっきも言ったけれど、この学園では私がルール。私が黒と言えば、白でも黒になる。それが、この全宮学園という特殊空間。私の、私による、私のための楽園。この学園において、私が、あなたを納得させなければいけない理由なんて、これっぽっちもない」

「……メチャクチャだ」

 ルルの暴君ぶりに、
 ゲンがドン引きしていると、
 そこで、ロコが、
 ルルの目をジっと見つめて、

「ルル叔母様。くだらないおしゃべりはその辺にして、さっさと、『退学を取り消すための条件』を仰ってください」

「さすが、物分かりがいいわね、ロコ。そういうところ、好きよ」

「あたしは、叔母様の、そういうところが嫌いです」

 と、ちょっとした皮肉をジャブってから、

「……叔母様の性格は、それなりに理解しているつもりです。あなたは、あたしと同じ。頑固で偏屈。けれど……」

「けれど、なに?」

「――ただのクズじゃない。あなたの『迂遠なところ』は嫌いですが、あなたの『理知的なところ』は好ましく思っております」

 ロコの発言を受けて、
 ルルは、ほくそ笑み、

「いろいろとツッコミどころのある発言ね」

 そう言ってから、
 三秒ほどの間をとって、



「あなたを退学させないことで、この学園にどんなメリットがあるの? いったい、あなたは、この学園に、どんな貢献ができるの?」



 と、試すように、
 そんな言葉を投げかけた。

 ロコは一秒たりとも迷わなかった。
 前提を全て飲み込んで、


「龍試委員会に所属させてください。そうすれば、学園に貢献することが出来ると思います」

「あらあら、ロコったら、そんなに、学園のために働きたいの? しょうがないわねぇ。わかったわ。あなたの心意気に免じて、退学は取り消しましょう」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く