『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

31話 おそらく。

 31話 おそらく。

(ギリギリで勝ちましょう。ほぼ引き分けに見えるくらい、ギリギリの接戦に見せて勝つ。それがベストだと私は考える)

(……だね)

 お互いが『納得できる結論』に達したところで、
 アモンとIR3は、ギアを入れ替えた。

 相手よりも、ほんのわずかに上回る程度に、
 自分を丁寧に抑え込みながら、
 ロコとゲンを追い込んでいく。

 『全力でないこと』を決して悟らせない、
 絶妙な力加減で、接戦を演じる。

 その様子を見ていた『全宮ルル』は、

(……今のロコとゲンだと、あの『二人(アモンとIR3)』の『底』を引き出すのは無理のようね……)

 ロコとゲンの目はごまかせても、
 ルルの目はごまかせない。

(けれど『その事実』からだけでも、十分に推測できる。とんでもない実力者。あのロコとゲンを子供あつかい出来るだなんて……まあ、あの二人は、間違いなく子供なのだけれど)

 ロコとゲンは、見た目こそ子供だが、
 しかし、実力はハンパではない。
 現状、この世界に、ロコとゲンを子供あつかいできるのは、
 『五大家の成人(戦闘職)』と『クリムゾンスターズの上位』ぐらい。

(……『この二人(アモンとIR3)』の何より恐ろしい点は、どちらも、明確な『スペシャリスト』であるということ。……間違いなく、あの二人は、『組織』の歯車)

 『個』ではなく『全体』を動かすことを前提としたスペック。
 オーガナイゼーションという概念が前提のスペシャリスト。

 ――『ルルの気づき』は、簡単に言えば、

 所作や言動から、
 『自営業ではなくサラリーマンである』、

 ――と雰囲気だけで理解した感じ。

 それも、窓際族なんかではなく、
 超大企業のスーパーエリートサラリーマン。

 ルルは頭を回転させる。
 経験ではなく、知識と想像力で、
 現状に対する打開を試みる。

(最初から思っていたけれど、この二人の戦闘スタイルには共通のクセが見られる。この独特のパターンと特質は、資質や才能の違いではない。あえていうなら、文化の違い。……同じ歴史を歩んできたとは思えない『骨格の違い』ともいうべき根本のズレ)

 ルルは、戦闘技能の方は、さほど優れていないが、
 戦闘考察力に関してはズバ抜けている。

 純粋な殴り合いは不得手だが、
 巧みな戦術を必要とする戦場においては、
 無類の強さを発揮するタイプ。

 その無類の洞察力が気づかせる。

 ――『この二人』と『自分』は、
   歩んできた歴史が違う。

(……考え方が違う。思想が違う。イデオロギーの相違。哲学の差異……)

 『戦闘思考力の高さ』は、
 周辺視野の広さと直結している。

 全体を見通す目。
 マクロの視点で物事を考えられる頭脳。

 ――ゆえに、届く。
 彼女のイマジネーションは、
 『答え』にたどり着く。



(……おそらく、この二人は……『違う世界』から来た……)



 『現実に即しているか』は、一端置いておき、
 『とりあえず』の『直感』をフル稼働させた、
 『かもしれない』
 を目安に、モノを考えるルル。

 真・第一アルファにも、小説等のエンタメは存在する。
 そして、その題材として『異世界』が用いられることも多々ある。
 『ここ』とは『別の世界』を舞台にした物語。

 だから、

(数日前から各地で起こっている『奇妙な出来事』の『規模』と『程度』から鑑みるに……おそらく、転移したのは、この二人だけではない。数十人……あるいは、数百人という組織単位の異世界転移が行われたとみるのが妥当)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く