『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 成熟した世界しか知らない若者。

 29話 成熟した世界しか知らない若者。

(……『結構な実力者』がそれなりにいて、かつ、コスモゾーン・レリックとかいう、存在値を大幅に引き上げることが可能な『ふざけたアイテム』もたくさんある世界。……『天下だけで完全制覇する』のは、かなり難しいと思う……流石に『三至や五聖』が出る必要はないと思うけれど、場合によっては、結構な数の九華が出動する必要があるかも)


(……正直、そんな世界が存在するなんて、夢にも思っていなかったわ)


 IR3とアモンは、どちらも非常に若い。
 『成熟した第2~第9アルファ』しか知らない若者。

 第2~第9アルファは、実質、最高位の世界であり、
 その全てを牛耳っているゼノリカは、
 どの世界においても、
 『ありえないレベルの最強である』、
 とIR3とアモンは思っていた。

 ※ 世界の広さを、完全に把握しているわけではなくとも、
   アルファが最高位であり、
   そのアルファの中でも、自分たちが住む、
   第2~第9が最上位である、
   ということは、なんとなく理解できている。

 ――実際のところ、
 『原初の世界』を攻略するのは楽勝だった。
 『エックス級』が相手だと、楽連の武士が3人も出動すれば、
 世界を掌握することも可能だった。

 『ゆっくり浸透していく』という手段を選んだため、
 攻略速度は遅かったが、
 その気になれば、あの程度の世界は、数日で完全に支配できた。

 P型とかいう、わけのわからない存在にかき乱されはしたが、
 しかし、『強大な力を持ったP型』だって、
 結局のところは、神帝陛下に、ほとんど瞬殺された。

 標的が『エックス級』の場合、
 『世界全て丸々』が相手だろうと、
 『ゼノリカ』ならば、『精鋭』を数人も出せば、
 余裕で攻略できる。

 ――それが、『ゼノリカに属する者』の基本的な視点。
 それは、通常においては、事実であり、
 実際、ゼノリカが、
 『第2~第9アルファ以外』の『アルファ』を、
 『攻略しよう』とした場合、
 たいていは、天下の中から、
 『テキトーに50人ほど出動させるだけ』でも、
 10日~3か月以内の間に、
 間違いなく、世界征服することが可能。


 ――だが、この真・第一アルファは違う。
 少なくとも、九華の出動が絶対条件。


(別に、テキトーな行動をするつもりはなかったけれど、今後は、より慎重に行動する必要があると、僕は思う)

(同意するわ。慎重に情報を奪取していく必要がある。この世界は、ナメてかかったら、ゼノリカが、痛手をくらう可能性がある)

(ま、仮に、痛手を受けたとしても、かすり傷程度が精々だと思うけれどね。……で? ここからどうする? どうやって、この試験を終わらせる?)

(普通に勝てばいいと思うわ)

(そうしたら、ロコとゲンが退学になるけど? この二人の調査と監視は必須事項。放置はありえない。学園から離れられたら、調査も監視も、非常に面倒になる。それは出来れば勘弁してほしい。この程度のミッションで、増援を要請するのはイヤだ)

 『増援を要請する』というのは、
 『自分たちの力不足』を宣言するのに等しい。

 『迷わず増援を要請した場合』の方が、
 『評価が上がる』というケースもあるが、
 今回の場合だと、
 『評価が下がるだろう』とアモンは推測する。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く