『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 敗北はありえない。

 27話 敗北はありえない。

(本気を出さなくても、普通の『殴り合い』なら、僕が、この女に負けることは絶対にありえない……けれど、『丁寧に前提を整えられてしまった上での殺し合い』となると、本気を出したとしても、削り切られる可能性はゼロじゃない)

 『ロコの毒』の鬱陶しさを正しく理解すると、
 アモンは、シニカルに微笑んで、

「――毒をまき散らして、時間を稼いで、相手が死ぬのを待つ戦法……姑息だね」

 ちょっとした本音を口にする。


「褒めてくれて、ありがとう」


 サラっとそう言いながら、
 ロコは、

「毒刃乱舞ランク17」

 浮遊する無数の『毒刃』を召喚し、
 それを、アモンの周囲に配置する。

(確実に削ってくる……スキのない毒ビルド……けっこうな格上を相手にしても、それなりの傷跡を残せるスタイル……なんというか、『覚悟』がうかがえるビルド……)

 先ほど、『姑息』と評したが、
 もちろん、本気でそう思っているわけではない。
 本音ではあるが、事実ではないという、ちょっとした自己矛盾。

 当事者ではなく、観測者の視点で言えば、
 むしろ『かなり芸術的』だと思っている。

 ロコの毒は、非常に美しい強烈な武器。

(百済の闇人形と戦っている気分……)

 系統的には、間違いなく、そっち方面。
 つまりは、楽連の武士が最も苦手とする相手。

 ――とはいえ、

(まあ、『気分的にはそんな感じ』って、だけで……実際のところは、まだまだ基礎がお粗末だから、総合力で見れば、まったく百済レベルには達していないけどね)

 『毒の質』だけは非常に高いが、
 『全体的なステータス』で見れば、
 『百済の下部組織の中堅レベル』でしかない。

(……仮に、『向こうにとって有利な状況が整った実戦』で闘うことになったとしても、その時は、こちらも、それ相応の準備をしてから挑むだけ。君の強さは認めるけど、僕に……ゼノリカに勝てるというわけではない)

 さすがに、ガチンコで『負ける可能性』はない。

 めちゃくちゃ不利な状況が整ったら負ける可能性もなくはない、
 というだけで、
 ロコ相手に、アモンが、
 『実質的に敗北する』ということはあり得ない。

 ロコが『100』の準備をする間に、
 ゼノリカは『100兆』の準備を整えることができる。

 『ゼノリカが、数千年をかけて積み上げてきた層の厚さ』は、
 『全宮ロコという一人の少女』ごときに後れを取るほど安くはない。

 ――『その理解』に到ると、
 アモンは、IR3に通信をつなげて、
 ロコと闘いながらも、

(……IR3。全宮ロコの実力はだいたい把握したよ。噂以上の、なかなか危険な人材だ。まだ幼くて未完成だから、現時点だと、その気になりさえすれば、倒すのは、さほど難しくないけれど、このまま成長したら、『九華の戦闘職が必要になるレベル』の厄介な存在になりそうだ)

(九華の戦闘職が必要になるレベル? そこまでの人材なの? 事前調査の段階だと、『ちょっとマシな毒』が使えるだけのお嬢様って印象だったけれど……)

 事前調査は、『全宮家』に関して、
 サラっとなぞっただけなので、
 細かいことは理解できていない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く