『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 ロコの毒。

 26話 ロコの毒。

 アモンの『状態異常耐性』が、どうかというと、
 『毒に対する耐性』は、さほど高い方ではない。

 『弱点』というわけではないが、
 毒に強いわけでもない。

 もちろん、状態異常に対する事前対処なら、
 ある程度は出来ている。

 『普通の毒』なら、アイテム等で、
 ある程度は、対処可能――なのだが、

(こいつの毒……ほんと、ちょっと、性能がエグすぎる)

 ロコの毒は、
 純粋な威力と貫通力を兼ね備えた、
 非常にパワフルな、神経毒と腐食毒のハイブリット。

 人体の細胞を変性させるだけでなく、
 物質を腐らせることも可能という有能ぶり。

(……間違いなく、毒の質を高める『高ランクのスペシャル』を有している……ブルースリー……いや、このレベルとなると、さすがに、ゴールドクラスかな……)

 状態異常特化ビルドを組む者は、
 大概、特定の状態異常を強化するスペシャルを保有している。

 ロコも、当然、
 『毒の威力が上がる』
 『毒の付与率が上がる』
 『毒魔法の消費MPが下がる』
 といった類(たぐい)のスペシャルを保有している。

 その大半がゴールドスペシャル。
 ゆえに、よほど毒耐性が高い者でないと、
 ロコの毒魔法を軽視することは出来ない。



「毒毒毒霧(どくどくどくむ)ランク16」



 ロコは、手を休めることなく、
 ひたすらに、毒を巻き続ける。

 毒のバリアを張り、
 毒の霧をまき散らし、

 距離を詰められたら、
 『毒撃』や『龍毒』でカウンター。

 肉弾接近戦特化のアモンからすれば、
 正直、相性が非常に悪い相手。

(軽く毒がまわってきたな……まあ、これだけ広範囲に撒き散らされたら、さすがに、完全回避は不可能……)

 もはや、ここら一帯が『毒フィールド状態』になっている。
 吸い込みすぎないよう、呼吸には注意しているが、
 『完全にシャットアウトすること』は流石に出来ない。

(わずかに力が入りづらくなってきた……筋弛緩系の毒……最終的には動けなくなるタイプ……いや、『動けなくなる前に終わらせないとマズイ』と焦ってしまえば、その精神的ストレスによって、むしろ毒のまわりがはやくなる、という悪循環に陥るタイプかな……)

 毒が回り切る前に、近距離戦で、
 冷静に、短期決戦を仕掛けようとしても、

(体技も、決して悪くない。それなりの戦闘力……これが全宮ロコ。五大家の人間)

 アモンの猛攻に対して、
 ロコは、常に適切な距離を保ち、
 合気道の要領で、アモンの攻撃をさばいていく。

 ロコの技量では、アモンのすべてを完璧にさばくことは出来ないが、
 反撃を一切考えず、ただひたすらに、守りに徹すれば、
 瞬殺されることはありえない。

(本気を出さなくても、普通の『殴り合い』なら、僕が、この女に負けることは絶対にありえない……けれど、『丁寧に前提を整えられてしまった上での殺し合い』となると、本気を出したとしても、削り切られる可能性はゼロじゃない)

 アモンの目測は完璧に正しい。
 間違いなく、戦闘力はアモンの方が上だが、
 しかし、地形や陣形などを考慮した、
 『簡単には崩せない状況』を整えられて、
 その上で、現在のように、堅(けん)に徹せられると、
 押し切られてしまう可能性はある。

 現状は『ほぼ真っ向勝負』であり、
 戦闘力に絶対的な差があるので、
 毒がまわり切る前に、確定で、削り切れるが、

 ――『実戦』ではどうなるかわからない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く