『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 ああえばこういう。

 23話 ああいえばこういう。

「機動魔法は? まだつかえる?」

「使おうとしたところで、デバフをくらって動けなくなりました。あのガキ、戦闘力が高いだけじゃなく、凶悪なデバフも撒(ま)いてきます。後ろの女の実力は不明です」

「……ふぅん」

 と、言いながら、
 ロコは、アイテムボックスに手を突っ込んで、

「これ、飲みなさい」

 と、セイ〇ガンそっくりな丸薬を差し出してきた。

「色がヤバいんですけど、これ、大丈夫ですか?」

「大丈夫か、大丈夫でないかで言えば、さほど大丈夫ではないわね」

「えぇ……」

「これは、状態異常の耐性を上げてくれる薬。あたしが、それなりに魔力を込めたものだから、効果は抜群。ただ、副作用として、2週間ほど、『首肩の重ダルさ』と『便秘』に悩まされるわ」

「……」

「退学するよりマシでしょ?」

「……いや、まあ……はい」

 しぶしぶといった感じでそう言いつつ、
 ゲンは、『ロコの薬』を飲み込んだ。

「……なんか、気分が悪いんですけど、ロコ様……」

「それは、ただのプラシーボね。悪心の副作用は確認されていないから。あの薬のデメリットは、単発的な頚腕(けいわん)症候群と過敏性腸症候群になるだけ」

 と、そこで、
 ルルが、

「それでは、そろそろ試験をはじめましょうか」

 と言いつつ、
 受験生二人に視線を向けて、

「最初に、ルールを明確にしておくわ。ロコとゲンに勝ったら合格。負けたら、不合格。ロコとゲンは負けたら退学。以上よ。何か質問があるなら、受け付けるけど?」

 そう言われて、IR3が、
 アモンを指さしながら、

「……彼は、先ほど、試験官ゲン・フォースとのタイマンに勝利したわけですが、その事実はなかったことになっているのですか?」

 という質問に対し、
 ルルは、

「タイマンで勝っていたのなら、もちろん、合格を認めていたわ。けれど……ねぇ?」

「……」

 意味深な沈黙が流れた。

 その流れの中で、
 アモンが、通信の魔法を使い、

(だから言ったんだ。なにが『バレるようなヘマはしない』だ。おもいっきりバレているじゃないか。余計なことしやがって……ほんと、もう……)

 怒りをあらわにするアモンに、
 IR3は、シレっと、

(試験官であるゲン・フォースにはバレないと言っただけ。そして、実際、バレてはいなかった。私は、なにも『この世の誰にもバレない』とは言っていない。九華クラスのバケモノの目も欺けるとは一言も言っていない)

(あのオバサンが監視していたのは知っていただろうが)

(全宮ルルのことは、事前調査で、少しだけ把握している。彼女が試験に介入してきたことは、一度もない。彼女は『任せる』と決めたら『徹底して監督者のポジションを貫く』という『ルールを順守するタイプ』の人間。というわけで、現状は、完全にイレギュラー。ただ、このイレギュラーは、決して不運なものではない。入学後に決行する予定だった全宮ルルとの接触が、思ったよりもはやく叶ったという幸運ととらえるべき)

(ああいえばこういう……)

(ノシをつけて返すわ)

 などと、言い争っている間に、
 ルルが、

「どうやら、納得してもらえたようだし……それでは、試験開始といきましょうか」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く