『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 強者の噂。

 21話 強者の噂。


「……なんで……」

 ルルとゲンの顔を見つけたことで、
 ある程度、どういう状況かを察したロコは、
 ゲンに視線を固定し、

「なんで、あたしが試験に参加しないといけないの?」

 と、的確な質問を投げかける。
 今日が試験の日であり、
 ゲンが試験官を務めることは知っている。
 だからこその質問。

 ゲンに対しての質問だったが、
 ルルが、当たり前のように答える。

「急遽(きゅうきょ)、2対2の試験をすることになったから、その数合わせよ」

 ルルの言葉で、
 状況を飲み込んだロコは、

「……はぁ」

 と、深いため息をはさんでから、

「ルル叔母様、いくらなんでも、このような小間使いのような扱いは納得しかねます。あたしにも立場というものがありますし――」

 と、文句を言おうとしたところで、
 ルルが、

「それ以上、御託を並べるのであれば、ゲン・フォースを退学処分にする」

 と、冷たく言い放った。

 その発言に対し、ロコは、キっと視線に力を込めて、

「……ルル叔母様らしくありませんね。ご自身のルールに反してまで、あたしに圧力をかけてくるなんて」

「圧力? むしろ、逆よ。私は温情を与えているだけ」

「……温情?」

「ゲン・フォースは、そこにいる受験生に負けた」

「負けた? ゲンが? 受験生に? そんなバカな――」

「本来ならば、事前の約束どおり、問答無用で退学にするところを、私は、温情でチャンスをあげている」

「……」

 そこで、ロコは、受験生二人に視線を送る。

(……確かに、ただ者ではない雰囲気を感じる……ゲンに勝ったというのが事実なら、その実力は、クリムゾンスターズに匹敵する……それほどの者が在野にいれば、確実に噂にはなっているはず……けれど、そんな話は聞いたことがない……)

 ――先ほどの試験で、
 ゲンから『ぎりぎり不合格』と言われた二人
 『53番』と『最後に残ったスキンヘッド』、

 あの二人は、ゲンに数十秒で倒されたが、
 実のところ、それなりに名前が通っている有名人。

 ルルもロコも、あの二人については、一応、知っていた。

 もちろん思想や戦闘スタイルなどの細かな詳細は知らないが、
 『~~の~~が、今年、試験を受けるかも』
 『~~の~~は、ものすごい天才だから、きっと受かる』
 というウワサくらいは、ちょこちょこ耳にする。

 ルルは、
 『53番の師匠(全宮家の中枢で働いている強者)』から、
 正式に、
 『今年、ウチのが受けますので、ひとつ、よろしくおねがいいたします』
 みたいな挨拶も受けている。

『試験で便宜を図ったりはしないわよ?』
『試験の方は心配しておりません。あいつなら実力で確実に受かるでしょう。私がよろしくお願いしたいのは、入学して以降の話です。手塩にかけて育てた弟子ですので、どうか、可愛がっていただければと思いまして』

 『試験には受かるだろう』という自信は、
 決して過信ではなかった。
 『今年の試験のボーダー』が厳しかったから、
 ギリギリ落ちてしまったが、
 『ボーダーが正常』の年に受ければ、
 53番は、余裕で合格できるレベルに達している。

 ※ 全宮学園Sクラスの試験は、毎年、難易度が変わる。
   けっこう簡単な試験の年もあれば、
   今年や去年のように、メチャクチャ厳しい時もある。

   ちなみに、試験内容が簡単な場合、
   合格できる人数が絞られている、
   というケースが多い。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く