『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 試験内容の変更。

 20話 試験内容の変更。

「ちなみに、あなたは? どういう出自?」

「私も捨て子です。エリアDのはずれにある川に捨てられました。物好きなおばあさんに拾われたので、どうにか、一命をとりとめ、今日まで生き延びることが出来ました」

「ふふ……そう。大変だったわね」

 と、1ミリも信じていない笑顔で、そう言ってから、



「なんだか、最近、各地で、『妙な出来事』が頻発しているようだけれど……あなたたちは、その関係者ってところ?」



「「なにを言っているのか、さっぱりわかりかねます」」

 かぶせるように即答したアモンとIR3に対し、
 ルルは、少しだけ鋭い目になって、

「その『拙(つたな)さ』は、私を、ナメているから? それとも、『引き込もう』としているから?」

 その問いかけに対し、
 アモンは、

「どちらだと思います?」

 などと、
 そんなふざけた言葉を投げかけた。

 ルルは、数秒だけ黙ったが、
 ふいに、
 ニコっと微笑んで、

「ふふ……これから先、いろいろと面白くなりそうね」

 ボソっと、そう言ってから、
 パチンと指をならした。

 すると、その場にいた全員の視界が、
 一瞬だけグルっと反転して、

 ――気づいた時には、
 何もない真っ白な空間に閉じ込められていた。

 アモンは、眼窩(がんか)の中で、眼球だけをササっとまわして、

(質の高い空間魔法だ。これをブチ破るのは骨が折れる……あのオバサン、なかなか出来がいいな)

 IR3も、ルルを観察しながら、心の中で、

(全宮ルル……現時点だと、戦闘力は、未知数。まだ底が見えないから、判断はしかねる。けれど、圧力だけなら、九華に近いものを感じる……これが5大家の人間……確かに、噂通り、そこらのカスとは格が違う)

 アモンとIR3が、
 ルルを値踏みしていると、

 ルルが、ニコっと柔らかく微笑んで、

「ここからは、私も試験官を務めさせてもらうわ」

 そう言いながら、ゲンの後ろにまわりこみ、

「それに伴い、試験内容を少し変更させてもらう。とはいえ、ルールはさほど変わらない。条件はほとんど同じで、2対2になるだけ」

 その発言を受けて、
 ゲンが、渋い顔で、

「……『俺+ルル様』VS『あの二人』の形ですか?」

「いいえ。違うわ」

「へ?」

「そんな条件にしたら、受験生が可哀そうじゃない。全宮学園の試験理念に反するわ」

「……」

「あなたのパートナーは、彼女よ」

 そう言って、指を鳴らすと、
 ゲンの鼻先、
 地上2メートル地点の次元に穴があいて、
 その穴から、

「……ぇ? わっ!」

 ゲンと同い年くらいの『小柄な美少女』が落ちてきた。

 突然の出来事に、ビックリした顔をしていたものの、
 猫のような柔軟さで、体勢を戻して、
 地面にスタっと着地する。

「……ぇ、ぇ……なに……」

 困惑しつつも、周囲を確認し、
 ゲンとルルの顔を見つけると、

「……なんで……」

 二人の顔を見つけたことで、
 ある程度、どういう状況かは察したものの、

 さすがに、完全理解は叶わず、
 だから、小柄な美少女――『全宮ロコ』は、
 ゲンに視線を固定し、


「なんで、あたしが試験に参加しないといけないの?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く