『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 むかしむかし、あるところに、おじいさんと、おばあさんが……

 19話 むかしむかし、あるところに、おじいさんと、おばあさんが……

(あなたの勝利は絶対じゃない。あの子供の『目』は、あなたの強さを目の当たりにしていながら、しかし、わずかも折れなかった。おそらく、まだ切り札を隠しもっているのだろう)

(何をしてこようと、絶対に勝てる。僕はゼノリカの――)

(自己紹介はいらない。あなたが誰かは知っている)

(なら、邪魔するな!! 僕が、負けることはありえない!)

(今、大事なことは、あなたが気持ちよく勝つこと? それとも、確実に、試験に合格すること?)

(……っ)

(正々堂々戦って勝ちたいという『自分勝手な欲望』は、入学後の再戦で叶えろ。そんな『クソどうでもいい欲望』を、今、この場で、満たそうとするな)

(……)

(見失うな、目的を。そんなんだから、あなたは、ここにいるんだ)

(……このっ……)

 と、場が混沌としてきたところで、




「……随分と、おかしな状況になってきているわね」




 IR3の背後から、
 巨漢のオバサン――『全宮ルル』が、
 ゆっくりと近づいてきて、
 眠気に殺されかけているゲンを睨み、

「……『受験生相手に後れを取ることなんてありえない』……そう大見得を切っていたくせに、いいザマね」

 パチンと指を鳴らしながらそう言った。

 すると、

「……ぷはっ」

 ゲンを襲っていたデバフが全て解除される。

 自由になってすぐ、
 ゲンは、ルルの目を見て、

「いやいや、いやいやいやいや! ルル様! 俺が言ったのは、『普通の受験生』に後れを取ることはないってことで、このガキみたいな、異常なヤツは例外ですよ! つまり、ノーカン! 圧倒的ノーカン! ノーカン! ノーカン! ノーカン!」

 『何事にも例外はある』、
 ゆえに『今回の件はミスとしてカウントされない』
 という世界の真理を、
 必死になって訴えかける。

 その様子を見ていたIR3は、
 ルルを睨みながら、

(このオバサンが全宮ルル……私の魔法を全て一瞬で解除するなんて……なるほど、確かに、5大家の人間は、少し格が違うらしいわね……)

 心の中でつぶやいていると、

 ルルが、射貫くような目で、
 アモンを見つめて、


「――確かに、この子の強さは異常ね。例外であると認めるわ」

「ですよねー!」

 と揉み手をしながら笑顔を浮かべるゲン。

 そんな彼を豪快にシカトしつつ、
 ルルは、
 意味深な間を置いて、
 強い目で、アモンの目を見つめながら、



「あなたいったい、何者?」



 核心をつく質問を投げかけた。 
 ルルの問いに対し、
 アモンは、


「……僕は捨て子なので、自分が何者かは知りません」


 と、まるで、『台本通りのセリフ』でも諳(そら)んじているかのように、
 ひどく淡々と、

「エリアEのはずれにある山で捨てられました。物好きなジイサンに拾われたので、どうにか、一命をとりとめ、今日まで生き延びることができました。闘い方は、その物好きなジイサンに教わりました。ちなみに、その物好きなジイサンはすでに死んでいます」

「なるほど面白い出自ね」

 そう言いながら、ルルは、IR3に視線を向けて、

「ちなみに、あなたは? どういう出自?」

「私も捨て子です。エリアDのはずれにある川に捨てられました。物好きなおばあさんに拾われたので、どうにか、一命をとりとめ、今日まで生き延びることが出来ました」

「ふふ……そう。大変だったわね」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く