『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 煽り耐性が低い坊ちゃん。

 18話 煽り耐性が低い坊ちゃん。

「10分経過まで、残り9分30秒……制限時間が短いなぁ。こんなに短い時間で君を倒せるか不安でたまらないよ」

 などと言いつつ、
 両手の関節をボキボキならし、
 ゆっくり、ゆっくりと、距離をつめるアモン。

(うわぁ……ブチ切れてらっしゃる……煽り耐性が低い坊ちゃんだこと……)

 このままだとヤバいと認識したゲンは、

(しゃーねぇ……エグゾギアを使うか……)

 そう決断し、
 エグゾギアを起動させようとしたところで、

(……あれ? 口が……)

 しゃべれないという事に気づく。
 『口を開くこと』はできるのだが、
 一言も言葉を発することが出来ない。

(口封じをくらった……いったい、いつ……まったく気づかなかった……)

 さらに、ゲンは気づく。
 くらったのは、口封じだけではないということ。

(耳もちょっと聞こえ辛ぇ……視界もじゃっかん、暗くなってきた……)

 五感に対するダイレクトアタック。
 デバフ専門の後衛職が好む魔法。

(足も重てぇ……やべぇ、やべぇ、やべぇ……いつのまにか、めちゃめちゃデバフをくらってる……)

 ちなみに、
 ゲンにデバフをまいているのは、
 『IR3』だった。

 ひそかに、バレないように、
 鮮やかに、見事に、
 アモンのサポートをしているIR3。

 そのことに気づいたアモンが、
 通信の魔法で、

(……なんのつもり? IR3)

 そう問いかけると、

(保険。この試験で、あなたが落ちると計画が狂う。この程度のミッションで失敗の報告など出来ない。だから、援護する。私が援護すれば、100%、10分以内に倒せる)

 と、答えるIR3。

(いらない、やめろ。あんたの手伝いがなくても、勝率は、最初から100%だ。その程度のこともわからないのか、節穴)

 強い言葉を投げかけられて、
 IR3は、普通にイラっとしたのか、

(一つだけ言っておく。私に命令するな。あなたに、そんな権限はない)

 強い言葉で返す。

 闇人形の黒いオーラには、
 泣く子も黙る威力がある。

 ――が、アドレナリン全開のアモンは、
 いっさい怯むことなく、
 むしろ、語気を苛烈に、

(これは、タイマンの試験だ。あんたが茶々を入れているとバレたら失格になる。だから、やめろと言っているんだ、バカ野郎)

(バレるようなヘマはしない。百済の闇人形をナメるな、クソガキ)

 会話をしている間も、
 IR3は、デバフの手を緩めない。

 凶悪なデバフの連鎖をくらったゲンは、


(も、ものすごい眠気……や、やばい……)


 その場に崩れ落ちる。
 止まらない眠気と必死になって戦うが、
 その間にも、

(頭、クラクラする……)

 眩暈と頭痛に襲われる。

 サイコジョーカーほど強烈な負荷ではないが、
 ジンワリと深く、体に浸透してくるデバフ。


 その様子を横目に、
 アモンは、

(とにかくやめろ。不快だ。何度でも言うが、あんたの手を借りなくても余裕で勝てる。あんなガキ、その気になれば、10秒以内に殺れるんだ)

(そんなことは知っている。あなたの方が、あの子供よりも強い)

 IR3は、そう前を置いてから、

(けれど、あなたの勝利は絶対じゃない。あの子供の『目』は、あなたの強さを目の当たりにしていながら、しかし、わずかも折れなかった。おそらく、まだ切り札を隠しもっているのだろう)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く