『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 ゲンナイトをナメてはいけない。

 13話 ゲンナイトをナメてはいけない。

(まあ、なんでもいいけれど……)

 心の中でつぶやきながら、
 アモンが、

(問題は、どのタイプの召喚獣か……前衛か、後衛か……火力担当か、支援担当か……)

 と、警戒していると、
 ゲンナイトは、

「ゥオオオオオオオオッッ!!」

 と、豪快な雄叫びを上げた。

 すると、アモンの警戒心の大半が、
 ゲンナイトに持っていかれる。

 強制的に意識を引っ張られたことで、
 アモンは、

(タンクか……っ)

 即座に理解すると、
 鋼の精神力で、
 ゲンナイトのウォークライに逆らって、
 むしろ、ゲンナイトを全力でシカトし、

 『ゲンだけ』をつぶそうと、特攻をかけた。

 ゲンは、そんなアモンの特攻を、
 どうにか対処しつつ、

「ウォークライを使わせたのに、なんで、迷わず、俺に特攻?!」

「ナメないでくれるかな。意識のコントロールくらい、ゼノ……上位者ならば必須事項。それに、『タンクの処理など時間の無駄』というのが僕の戦闘方針でね。召喚獣など、召喚者をつぶせば、そのまま消える」

「合理的だな……けど、俺の切り札は、シカトされたら終了ってほど、ヌルくはないぜ」

 シカトされているゲンナイトは、
 自分の方に攻撃が向かなかったと理解したと同時、

 瞬時に、行動プランを変更し、


「――加速ランク15――」


 ゲンに対してバフをかけていく。
 高ランクの『加速』の魔法をもらったゲンは、
 それまでよりも機敏に動く。

 続けて、ゲンナイトは、

「――鉄壁ランク15」

 防御力を上げるバフを積んでいく。

 その様子を横目に、
 アモンは、

「タンクと支援、どっちもこなせるのか……優秀な召喚獣だね」

「ゲンナイトを放っておけば、俺は無限に強化される。さあ、どうする? それでも、ゲンナイトをシカトし続けるか? 処理した方がいいんじゃないかなぁ。まずは、ゲンナイトを倒してから、俺と向き合った方が、コスパはいいと思うなぁ。……チラッ」

「好きに積めばいいよ。君と僕の戦闘力差は膨大。多少のバフじゃ埋められない」

「……ああ、そうかい。じゃあ、好きにしな。そして後悔するがいい」

 そう言うと、
 ゲンは、


「バフはもう十分だ! 尽きるまで、撃ちまくれ!!」


 ゲンナイトに向けて命令。

 すると、ゲンナイトは、
 両手をアモンに向けて、


「――異次元砲っ!!」


 強力な魔法をブチかます。


(異次元砲っ?! それも、めちゃくちゃ強力! 回避できる?! 完全には無理っ!)


 どうにか回避しようと、ほとんど反射的に体をひねったが、
 しかし、完全回避は出来ず、

「がぁああああああっっ!!」

 左肩に直撃っ!
 ごっそりと持っていかれるHP。

 さすがに、異次元砲一発で瀕死になったりしないが、
 最大HPの二割ほどは持っていかれた。

「……ぐぅ……」

「ほーら、だから言ったのにぃ」

 やれやれと言った顔で、

「俺の切り札ゲンナイトが、タンクと支援しか出来ないと、いつから錯覚していた?」

 と、全力で煽っていく。

 アモンは、イラっとしつつも、

 『二発目を撃とう』と『魔力を溜めだしたゲンナイト』を、
 全力で睨みつけ、

「鬱陶しいんだよ、死んでろぉお!!」

 アイテムボックスから、
 投擲(とうてき)用の短剣を取り出すと、
 ゲンナイトの眉間めがけて、思いっきり投げつける!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く