『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 栄えあるゼノリカの天下、楽連の武士。

 11話 栄えあるゼノリカの天下、楽連の武士。

(いやいや、マジで、このガキ、何者だよ……どっかの五大家からのまわし者か? こんなガキが在野にいるなんて、聞いたことがないぞ……)

 武の世界で生きていれば、
 この世界に『どんな強い者がいるか』という情報は、
 覚えようとしなくとも、
 気付けば、頭の中に刻まれていくもの。

 もちろん、世界中、すべての情報を完全網羅している、というわけではない。
 知らない事など、たくさんある。
 情報統制されている五大家の事情ともなれば、ほぼ何も知らないと言ってもいい。


(ヤマトに匹敵する強さ……存在値だと、ヤマトの方が上かもしれないけど、戦闘力は、タメを張っている気がする。ていうか、こいつの方が強くね? ……え、えげつない強さだ……っ)


 どうにか、打開策はないものかと、
 この一年で培った力を、色々と試してみるものの、
 しかし、
 アモンはゲンの全てを、あざやかに処理していく。

 魔法を使うわけでも、
 特殊なグリムアーツを駆使するわけでもなく、
 純粋な『ド直球の体技』だけで、
 ゲンの全てを受け流す。

 その現実を受け止めたゲンは、
 冷や汗を垂れ流しながら、
 心の中で、

(も、ものすごい対応力……戦闘慣れしている……もっと言えば、『強い相手との闘い』に慣れている感じがする……)

 実際、その通りだった。
 楽連の武士360人に囲まれて鍛錬を積んできたアモンにとって、
 『強者との戦闘』は、歯磨きや洗顔に等しい、単なる日常。
 いや、それどころか、
 もはや、呼吸に等しいと言っても過言ではないレベル。

 ゲンも、この一年で、相当な鍛錬を積んできたが、
 しかし、アモンの経験値と比べれば、さすがに劣る。

 楽連の武士は、器の厚さが違う。


 ――闘いの中で、
 アモンは、不愉快そうな顔で、

「君は強いよ。たぐいまれな資質を持っている。正直、イライラしているよ。資質だけなら、もしかしたら、この僕よりも上かもしれない……」

 ギリっと奥歯をかみしめる。
 認めたくないが、
 しかし、現実から目を背けることはできない。

 アモンは、鼻持ちならないクソガキだが、
 しかし、ただの糞野郎ではない。

 『目の前の現実を見て見ぬふり』などといった、
 そんな『脆弱さ』は持ち合わせていない。

「けど、積み重ねたものが足りない。強者との戦闘経験が足りない」

 ゲンは、この一年で、多くの『高位モンスター』と戦ってきた。
 ケムスという剣の天才と、何度となく戦闘訓練を積んだ。

 しかし、その程度では足りない。

 ありとあらゆる武に精通した天才たちと、
 朝から晩まで、キ〇ガイのように、
 ただひたすらに、
 えんえんと、
 果てしなく、
 地獄の鍛錬を積み続けてきた者の視点だと、

 ――今のゲンですら、まだまだ物足りない。

 ゼノリカの天下、楽連の武士の『強さ』は、
 もっと、もっと、濃密で芳醇。

 アモンの『高品質な武』を体感したゲンは、
 納得したように頷いて、

「……お前は強い。別格に強い。死ぬほど積んできた俺を、お前は超えている。すげぇな。認めるよ。――だから、これからは……本気でいく」

「これまでは本気じゃなかったと? 全力だったように見えたけれど?」

「殴り合いに関して言えば、『今見せたモノ』が俺の目一杯だ。けれど、戦闘ってのは、ソレだけじゃないだろ?」

「……もちろんさ」

 言いながら、アモンは、何が起きても対応できるよう、
 精神を研ぎ澄ませながら、

「さあ、きなよ。ゲン・フォース。君の全部を……受け止めてあげるよ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く