『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 右の眼球をえぐらせていただきます。

 8話 右の眼球をえぐらせていただきます。

「昔からずっと言われていることだけれど、嘘をつくなら、もう少し、マシな嘘をついてくれ」

「私もかつては、聖典を信じていなかった。けれど、神は本当に美しかった……」

 あの日の事を思い出し、
 IR3の体に深い熱がともる。

「まさに、すべてを包み込む神……この上なく尊い『その御姿』は、言葉に出来ない黒銀に輝いて、『命の究極』ともいうべき光が、静かに、厳(おごそ)かに、またたいていた……あの日、世界のすべてが、あの御方の足元にひざまずいていた……すべてを超えた、神の王……命の王……」

 IR3の、止まらない電波発言を受けて、
 アモンは、ガチで引いた顔になり、

「……え? もしかして、あんた、ヤバい薬でもやってる? 目が、マジで怖いんだけど」

「触れていない者にはわからない。あの光、あの輝き……」

 はぁ、と熱い吐息をもらしてから、

「聖典は正しかった。いや、むしろ、間違っていた。聖典は、神の尊さを描き切れていない。あの御方の偉大さは、聖典に書かれている程度ではない。神の美しさは……もっと、もっと、尊い……」

「あんた、マジで目ぇ飛んでんじゃん……怖ぁ……」

 二人が会話している間も、
 試験はどんどん進んでいた。

 すでに100人以上の受験生が、
 ゲンの試験を受けたが、
 全員、もれなく不合格。



「おいおい、今年の受験生は質が低いな! ここまでの100人は、全員、記念受験か?! まだ、俺、一発も入れられてないんですけど?!」



 ゲンは、軽くイライラした顔で、

「多少は訓練になるかも、と思っていたのに、マジで、ただの作業じゃねぇか。いい加減にしろよ!」

 怒声を上げてから、

「まだ不合格になっていない受験生、聞け! そこに転がされている『俺にブチのめされた100人』より弱いヤツは、試験を受けたって意味ないから、自主的に帰れ。もし、そこの100人より弱いのに、まだ俺と戦おうとするバカがいたら、その時は、容赦なく、右の眼球をえぐるから、そのつもりで」

 ゲンが語った追加ルールを受けて、
 受験生たちは当然のようにたじろいだ。

「どうした? さっさと帰れ。『そこの100人より弱いヤツ』が、お前らの中に『一人もいない』ってことはないだろ? 53番目に飛ばしたヤツは、そこそこ強かった。そのぐらいは、お前らでも理解できたはずだ」

 ここまで、大半の受験生が、
 10秒以内に倒されているが、
 『53番目にゲンと戦った受験生』だけは、
 ゲンを相手に20秒も持ちこたえた。

「あれでも受からないのが、Sクラスの基準だ。言っておくが、俺は、メチャクチャやっているわけじゃないぞ。事前に学校側から、『このくらいが合格のライン』という基準データは与えられている。それを踏まえて査定しているが、『そこの100人』に、その基準を満たしている者はいなかった。53番目のヤツは、まったくラインに達していないってわけじゃなかったが、まあ、あと3歩たりなかったって感じだな」

 ゲンは、なんだかんだ、
 根がマジメなので、
 『やらざるをえなくなった仕事』は、
 それなりに、キチンとこなす。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く