『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 あのガキ、強すぎる。

 5話 あのガキ、強すぎる。


「はい、不合格。次」

 ゲンは、試験開始以降、ずっと、一定のペースで、
 受験生たちを、『ちぎっては投げ、ちぎっては投げ』……

「はい、不合格。次。――もう、さっさとこいって! テンポがわるい! 俺は、このダルい作業をさっさと終わらせたいんだ!」


 ゲンの『別格の武』を見せつけられた受験生は、
 ほぼ全員、顔を青くして、

「……おい、マジか、あのガキ……強すぎるぞ」

「完全に擬態だろ。中身は、おそらく、ムキムキの超人だ」

「勘弁してくれよ。アレに勝てなきゃ不合格って、条件、厳しすぎだろ」

「いや、勝てなくても、あのガキが認めたら合格だ」

「そんなもん建前だろ」

「負けないかぎり、認める気なんざ、ないんじゃないか?」

「俺もそう思うな。8人くらい前に不合格になったやつ、かなり強かったし」

「あのガキ、絶対に、五大家の血縁だな……うぜぇ……」

「すでに60人が不合格。誰一人合格者なし……もしかして、これ、全員落ちるんじゃ……」

「つぅか、60人と戦っているのに、汗一つかいてねぇ。どういう体力してんだ」

「……ちっ。どいつも、こいつも、ワンパンでブチのめされやがって……ちょっとは粘れよ。多少は疲弊させてくれなきゃ、勝ち目ねぇぞ、あんなもん」

「……今年も、また落ちるのか……去年といい、今年といい……俺の試験運悪すぎるだろ……なんで、俺が受ける年ばっかり、いつも、こういう難易度が異常な試験になるんだ……」

 大半の受験生が、
 己の不運を投げている中、
 少し離れた場所から状況を見守っている二人の男女が、
 誰にも聞こえない程度の声量で、ボソっと、

「あの少年、本当に強いな……楽連の上位と比べても遜色ない」

「楽連をナメるなよ、IR3。あの程度の武だと、愚連の上位が精々だ」

 ブスっとした顔でそう言う『アモン』に、
 『IR3』は、

「敵の戦闘力を正式に目算することも出来ない者は、ゼノリカの天下にふさわしくない」

「……っ」

 アモンは、ギリっと奥歯をかみしめて、

「そっくりそのままお返しするよ。つぅか、あんたは敵だけじゃなく、味方の力も正式に測れていない。楽連は、天才の中の天才が集まる至高の超人集団で――」

「そんなことはわかっている」

 アモンの反撃を、
 IR3は、バッサリと切り捨てて、

「楽連に所属している者は、最高峰の天才ばかり。そんな天才たちと比べても遜色ない超人が目の前にいる。今、重要なことは、その事実を踏まえた上で、どうするべきかを思案すること。この状況において、個人のプライドや見栄は必要ない」

 正論をぶちこまれて、
 アモンは少し怯んだが、
 すぐに心を持ち直して、

「っ……じょ、上位者ぶって説教するな……」

 グワっと牙をむく。

「僕の方が、あんたより強いんだぞ。多少は敬意を払えよ。徹底したガキ扱いは不快だ」

「あなたの才能は嫉妬に値する。あなたは強い」

 そう前を置いてから、
 スっと、冷たい視線で、
 アモンを見つめて、

「けれど、まだまだ底が浅いガキであることも事実。そして、現状の私は、あなたのお目付け役。あなたに対して敬意を払うことは、やぶさかでもないけれど、監査官としての仕事をおろそかにする気は、さらさらない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く