『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 試験開始。

 4話 試験開始。

「もし、君が『試験の途中』でリタイアした場合――絶命もそうだけれど、たとえば、失神・気絶なんかで戦闘不能状態に陥った場合、試験はどうなるのかな? もう一度言うけれど『僕らごときが相手だと気絶も失神もしないから大丈夫』なんて答えは求めていないからね」

 子供とは思えないほど理知的で堂々とした態度。
 彼の『にじみ出るエリート感』に、軽く気圧されるゲン。

 ――ゲンは、『彼』のことを、ジックリと観察しつつ、

「その場合、試験は最初からやり直し。俺は責任をとって退学。みたいな感じかな」

 と、素直に、質問に答える。

 そんなゲンの回答を受けて、
 アモンは、『さっきの苦笑』とは『質の違う苦笑い』を浮かべ、

「……なんで、君は、そんな『ハイリスクな状況』に追い込まれているのかな? 『何百人という数を一人で相手しなければならず、それなのに、気絶したら退学』……その条件は、あまりに厳しすぎると思うのだけれど?」

「それは四つ目の質問だな……けど、まあいいや。それだけ答えてやるよ」

 そう前を置いてから、
 ゴホンと、セキを一つはさんで、

「前提1、『本来なら今年の試験は、非常に時間のかかるタルい試験』になる予定だった。前提2、毎年、Sクラスから、学生が何人か試験官として駆り出されるんだけど、今年は、それが俺の役目になってしまった。前提3、俺は『自分の時間を減らされるのが死ぬほど嫌い系男子』だから、当然のように『試験官なんか、やりたくないよ! いやだい、いやだい!』と駄々をこねたら……」


『ならば、あなたの実力次第で試験時間が短くなるシステムにしましょうか。あなたのワガママを聞いて試験内容を変更したのだから、もし、試験がスムーズにいかなかった時の責任はあなたにとってもらうけれど、いいわね?』


「というわけで、今にいたる。ご理解OK?」

「君という少年が、なかなか『尖った変人』だということはよくわかった」

 やれやれと言った顔でそうつぶやく『十歳くらいのガキ』。


 ――ちなみに、ゲンは、現状のシステムになったことを幸運だと思っている。
 時間を無駄にするだけのタルい試験よりも、
 こういうわかりやすい試験の方が自分には向いている、
 と本気で思っている。

「この試験方式は、俺の性(しょう)に合っている。受験生数百人を叩きのめす程度だったら、20分~30分もあれば余裕。――というわけで、さっそくはじめよう。本当なら、一度に全員を相手にしてやりたいところなんだが、上から『一人一人、ちゃんと確認しろ』って言われてしまっている。というわけで、さあ、一人ずつかかってこい」





 ★





 試験が始まって10分も経過したころには、


「はい、不合格。次。――おら、もたもたするな。さっさと次のやつ、かかってこい!」


 60人の受験生がゲンの試験を受け、
 60人が不合格になっていた。

 ゲンは、試験開始以降、ずっと、一定のペースで、
 受験生たちを、『ちぎっては投げ、ちぎっては投げ』……


「はい、不合格。次。――もう、さっさとこいって! テンポがわるい! 俺は、このダルい作業をさっさと終わらせたいんだ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く