『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 デモンストレーション。

 2話 デモンストレーション。

「ガタイだけのカスが粋がるな。俺がその気になったら、お前なんざ、仮に100万人単位で分裂したとしても、7秒以内に全員、殺(や)れる」

「……くく……そこまで豪快に粋がれるのは、ある意味ですごいな」

 そう言いながら、
 その、屈強な男は、
 一歩前に出て、

「勝てば合格としか聞いていない。そして、事前に『殺してしまった場合』についての質問は投げかけた。お前を殺してしまっても、こちらに落ち度はない。質問を受け付けると言っていながら、質問に答えなかった方が悪い。というわけで……試験開始と同時、俺は、お前を殺す」

「すごい理論だな。前提と結論の相互関係性が、驚くほど希薄」

 軽く呆れてから、

「まあ、でも、そういう事をほざくバカもいるだろうと、想定はしていたから、別に驚きはしないけどな。思考回路がバグったバカはどこにでも沸くもんさ」

 そう言いつつ、
 ゲンは、粛々と、

「ちなみに言っておくと、戦闘方式はタイマンで、『戦う順番』は俺が決める。これはルールだ」

「ほう。で? 誰と最初にやる?」

「まだ質問が二つ残っている。それを受け付けてから、試験を開始……する予定だったが、いったん、お前と戦ってからの方が、くだらない質問が減りそうだから、特別に、デモンストレーションとして、最初にお前とやってやる」

 そう言って、
 ゲンは一歩前に出る。

 そして、首をパキパキっと鳴らしてから、

「さ、かかってこい。肉ダルマ。転がしてやる」

 クイクイっと、手招きをするゲン。
 そんなふざけた態度に対し、

 その『屈強な男』は、
 自身のコメカミに、
 濃い目の『怒りマーク』を浮かべて、


「クソガキ。誰を怒らせたのか、教えてやる。俺は――」


 と、名乗りをあげようとした、
 その瞬間、

「ぶべっ」

 ゲンの『有無を言わさぬ飛び膝蹴り』が、
 『屈強な男』のアゴにクリティカルヒット。

 脳天が爆揺れ。
 強烈な眩暈に襲われる。

「今のヒザは、受験生の分際で、試験官である俺に対してナメた口をきいたぶん」

 そう言いながら、
 続けて、ゲンは、

 『屈強な男』の額に、
 気合の入ったヘッドバッドをかまし、

「ぼほっ」

「今の頭突きは、俺のことを『出来の悪そうなガキ』と侮蔑したぶん」

 続けて、ゲンは、
 拳にオーラと魔力を積んで、


「そして、これが! ヤ〇チャのぶんだ!」


 叫んでから、


「――ゲン・ワンダフォ――」


 強烈な正拳突きをお見舞いした。



「ぶっはぁあああああっっ!!」



 白目をむいて、豪快に吐血しつつ、
 バタリと倒れこんだ、『屈強な男』。

 その様子を余すことなく見届けた受験生たちの何人かが、

「……ヤム〇ャ?」

 と、当然の疑問を口にしたので、
 ゲンは、
 ニっと微笑んで、

「気にするな、単なるテンプレだ」

 そう言いながら、
 ゲンは、
 『無様に倒れている屈強な男』の首根っこを掴んで、

「はい、お前、不合格」

 そう言い捨てつつ、
 邪魔にならない位置まで、
 ブンッッ、
 と、豪快に放り投げた。

 ボロ雑巾のように扱われた屈強な男を尻目に、
 ゲンは、受験生たちに、

「さあ、まだ、あと二つ質問できるぞ。なんでも聞いてくれ」

 ニコっと優しく微笑みかけながらそう言った。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く