『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

90話 力がいる。

 90話 力がいる。

 ――その日の放課後、
 ゲンは、きしむ体を引きずって、
 『チョコネコのもっと不思議な館』に向かった。

 ケムスとの闘いで、
 そうとう疲弊しているわけだが、
 しかし、ゲンは止まらない。

 『ケムスと激しい戦いがあったから、今日はゆっくり休もう』
 などという甘えた選択肢は、ゲンの中にない。

 『やらなくてもいい理由』の数々を、
 『根性』と『気力』で根こそぎ殺しつくし、

 ゲンは、『今日という一日』を、
 精いっぱい、積み上げる。


(……ロコの願いを成就させるには……絶対的な力がいる。具体的に言えば、クリムゾンスターズを制圧できる戦力。完全院リライトを殺せる力……)


 ロコの願いを簡単な言葉で言い換えると、
 『完全な世界政府』の設立。
 『世の不条理』を取り締まる『高潔な監視の目』を、
 この世界に、あますことなく設置すること。

(アホだな。あの女は頭がおかしい。完全に狂っている……………俺と同じくらい……)

 ロコの理想を成すためには、
 『現状の既得権益』を丸ごとぶっ壊す必要がある。

 法的根拠に基づく権利と利益の破壊。
 ――ようするには、権威の頂点である完全院家の殲滅。

 それに伴い起きるであろう『乱世』を『統制する軍事力』が必要。

(ケムス相手に苦戦するようじゃ話にならない……ケムスは天才だが、アギトやロコと比べれば、当然、資質の点で劣っている……今の俺じゃ、五大家には抗えない)

 現段階では、ロコよりもケムスの方が強いが、
 それは、あくまでも年齢の問題でしかなく、
 資質という点で見れば、
 やはり、明らかに、ロコの方が上。

 五大家の人間は、やはり、質が違う。
 『もって生まれた資質』と、
 『これまでの歴史』の中で積み重ねてきた『基盤』が違う。

 すべてを覆そうと思ったら、
 尋常ならざる力がいる。


(セイバーが機能さえすれば……さすがに、完全院家の全てを相手にしても勝てるだろうが……しかし、セイバーは『俺より強い敵』が俺を殺そうとしても機能しなかった)


 ゲンは思う。
 おそらく、こいつは、そこらのニートよりも働く気がない。
 『よっぽどのバケモノ』が相手じゃないと機能しない。

(あくまでも推測だが、セイバーは、完全院リライトが相手でも『不足』と評価するだろう。セイバーの数値はケタが違う。いくらなんでも、リライトの強さが、あの域にあるとは思えない)

 結論に至ると、
 そのまま、次の考察に入る。

(エグゾギアにしてもそうだ。スーパーリミッターがエグすぎる……)

 まさか、あそこまで制限が入るとは思っていなかった。
 あれでは、ちょっと強い機動魔法でしかない。

(仮に『複数戦の時は、相手の数に応じてリミッターが緩和される』……というシステムだったなら、まだワンチャンあるが、そうじゃなかったら、囲まれてボコられて終わり。ようするに、クリムゾンスターズで積む)

 ゲンは推測する。

(おそらく、スーパーリミッターは、『タイマンかつ、サイコジョーカーを使えば、ギリギリどうにか出来なくもない』、という程度の解除しかしてくれない。それも、『数値の上』での話でしかなく……戦闘力は考慮されない)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く