『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

89話 叶うならば……

 89話 叶うならば……

「まだ、完全に信用しているわけではない。けれど、彼女は、おそらく、本気であたしの側についている。あたしの命令を聞く気はないし、あたしに対する忠誠心もゼロだけれど、ヤマトは間違いなく、『あたしの側』にいる。少なくとも敵ではない」

「そうですね……あいつは、間違いなく『ロコ様の側』にいます。完全な味方ではなくとも、あれが『敵ではない』というだけでも、けっこう大きなアドバンテージだと思いますよ」


「ヤマトとケムスだけじゃない。他のメンツも、Sクラスに在籍しているだけあって、みんな、非常に優秀。もちろん、『あたしの側につくことを決断するような連中』だから、いろいろと一クセあるメンツだけれど、その尖った性格も、『革命の舞台』では非常に役に立つと断言できる」

 そんなロコの言葉を受けて、
 ゲンの中で、当然の疑問が浮かぶ。

「あの場にいた連中は、『ロコ様の想い』をキチンと理解しているんですか? その……『革命がどう』とかの部分の話です」

「完全な理解なんて、どんな人間関係でも求めることはできない」

「道理ですね。けれど、この場における、その発言は、完全な詭弁(きべん)です。その色あせた矛盾、ご自身でも理解していますよね?」

「矛盾も詭弁もおためごかしも偽善も偽悪も盛大に駆使して、あたしは迷わず、前に進む。これからあたしは、『こんなことになるなんて聞いていなかった』という言い訳をつぶすための毎日を積んでいく。前提を丁寧に並べていく。悲惨な未来になったとしても、それでも、やらなければいけないことが、あたしにはある」

「……」

「きれいごとを口にしているだけで世界が変わるのなら、あたしは、毎日、朝から晩まで愛と情と真心を説く。けど、世界はそうじゃない。そこまで、世界はまともじゃない」

「……」

「まともじゃないから、まともな世界に変えたいと願う……当たり前の話でしょう?」

「一つだけ聞いていいですか?」

「なに?」

「革命に伴う犠牲に関して、ロコ様はどうお考えで?」

「……その残酷な問いは、あたしを攻めている感じ?」

「いえ、知っておきたいだけです。ロコ様の想いを。俺が『どういう剣になるか』は、ロコ様の願い次第。だから、俺は、ロコ様の『そこのところ』について、キチンと知っておかなければいけない。だから、できれば、本音をいただきたい」

 そんなゲンの言葉を受けて、
 ロコは数秒だけ悩んだが、



「叶うなら……誰も死なないでほしい……」



 天を仰ぎ、消え入りそうな声で、
 彼女はそう言った。

 『本音』だとか、『偽善』だとか、
 そういうパッケージで装飾することは出来ない、
 ただ、こぼれて、あふれ出た、むき出しの言葉。

 そんな『傷だらけの言葉』を受けて、
 ゲンは、二度ほど、ゆっくり頷いてから、

「……もし、世界がまともになったら、そのまともな世界で、ロコ様は何をしますか?」

 ふと思いついた変化球の質問。
 そんな、『ストレートという名の変化球』に対し、
 ロコは、

「そうね……とりあえず、好きな男とデートでもするわ」

 ゲンの目を見ながら、
 イタズラな笑顔を浮かべて、
 そんなことを言った。

 ――悪い女だ。
 なんて、そんなことを、ゲンは思った。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く