『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

79話 早熟の秀才。

 79話 早熟の秀才。

「どんどん花開く……本当に感謝するよ。お前との闘いで、俺は大きく開いた。お前が強かったから、俺はこのステージに辿り着くコトができた。心から感謝する」


 そんなゲンの言葉を受けて、
 ケムスは、強く歯ぎしりしながら、



「あああああああああああ!!」



 叫びながら、
 地面に向けて、全力で剣をブン投げる。

 カアアアアアァァァ……ンッッッ!!

 と、鋼が反響する音だけが、
 一瞬、世界の全てになった。

「はぁ……はぁ……」

 息を荒くしたのちに、
 消え入りそうな、小さな声で、


「なんで……どうして……君ばかり……」


「ん? 何か言ったか?」



「僕の剣は閉じたのに! どうして、君は際限なく強くなる!! おかしいだろう!」



 響き渡る悲鳴。
 身を裂くような叫び。

 ケムスの慟哭を受けて、
 ゲンは、渋い顔で、


「――『僕の剣は閉じたのに』……ってのは、どういう意味だ?」


 問いかけに対し、
 ケムスは、

「……っ」

 『しまった』と言いたげな、
 バツの悪そうな顔で、
 クイっと、顔をそらした。

 自分の発言を心底悔いている表情で、

「……な、何も言っていない……僕は……何も……」

 後悔に震えているケムス。

 そんな彼女を横目に、

「そういえば、これまで、あんたは、執拗(しつよう)に、俺のことを、『早熟の秀才』と表現していたよな」

「……」

「……秀才だの、天才だのって『区分』に対して、妙に『こだわっている』なぁ、と思っていたが……」

「……」

「なるほど。ようやく理解できた。あんたは、『自分』の事を『早熟の秀才』と認識しているのか」



「……違う……」



「もしかして、あれか? 今のあんた、すげぇ伸び悩んでいるのか? それで、自分に自信が持てなくなって、ちょうどそのタイミングで――」

「違うと言っている!!」

「ムキになるなよ。もし、俺の推察が見当違いの戯言だったのなら、鼻で笑って流せばいいだけだろ?」

「……」


「はは、無様だな。つぅか、愚かしい」


 と、ゲンが笑うと、
 ケムスは、


「……な、なにがおかしい……」


 鬼のような顔になって、
 体を小刻みにふるわせながら、
 全力でゲンをにらみつけ、


「閉じた世界に生きる者の気持ちが君にわかるか? 明日を見失って、『終わらない今日』に迷う者の悲痛が、君に……わかるか……」


 吐血するように、

「血反吐が枯れるまで剣を振った……毎日、己の限界に挑戦した……一時間を、一分を、一秒を、大事に、大事に抱きしめて……けれど、何も変わらない……僕の剣は限界に達してしまった……どれだけ積んでも、僕は……僕は……」

 へたりこんで、両手で頭をかかえるケムス。

「どうしてだ! なんで止まってしまったんだ! 僕より強い者は、まだまだたくさんいる! クリムゾンスターズのリーダーには手も足も出なかった! 五大家の成人と比べれば、僕など、足元にも及ばない! 今の僕が『人間の限界』でないことはわかっている! だから、必死に積んできたのに! どうして! なんで!!」

 地面を何度も殴りながら、
 よだれと鼻水を垂れ流し、

「……ただの早熟……ただの秀才……僕は……」

 かすれた声で、
 うなだれたまま、


「……天才じゃなかった……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く