『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

77話 自分だけのたからもの。

 77話 自分だけのたからもの。

「君のようなハンパなクソガキが、僕に対して、上からモノを言うな! たかが秀才の分際で、天才のふりをするなよ、滑稽だ! 『本物の天才には敵わない』という現実の前で無様に立ち尽くせ! それが、凡庸な秀才の天命だ!」

 そう言ってから、
 ケムスは、剣をきらめかせた。

 さらに、数分間続く剣戟。
 たがいに、一歩も引かない剣の応酬。

 その中で、ケムスは気づく。

(……ど、どんどんキレてくる……)

 ゲンの動きが洗練されていくのを、肌で感じた。
 どんどん、ヒリついていく。
 冷や汗が背中を伝う。

 さらに、ケムスは気づく。

(このガキ……僕を糧に……自分を磨いている)


「感謝するよ、ケムス。あんたの剣は確かに本物だ。俺の器に、あんたの型が注がれていくのを感じる。足りなかったピースが埋まっていく。俺はもう一歩、強くなれる」


 ゲンは加速する。
 踏み込み足に想いを込めて、
 不自由な体躯と四肢を、
 ほんの少しだけ、
 『自由な円』に近づけていく。

 ――ゲンは、かがやく。
 しなやかに、のびやかに、
 ぴかぴかうたう。

「俺ごときには本気になれないという、その『薄(うす)ら寒いプライド』ごと飲み込んで、俺はもう一歩、高く飛ぶ!」

 ゲンは加速する。
 ありえないほどの速度で磨かれていく。

 次第に、ケムスは、

(……くっ……)

 切り崩されていく。

 徐々に、徐々に、
 ゲンの刃は、ケムスの喉元へと迫っている。

「くぅ!!」

 そして、ついに、

「鬱陶しいんだよぉおおお!」

 ケムスは、魔力を解放させた。

 ここまでは、『縛りの一環』として、
 ゲンとの剣戟において、
 魔力やオーラの使用を極力抑えていたが、

「僕がその気になればぁあああ!」

 存在値の暴力にモノを言わせ、
 魔法で空間を移動する。
 速度に勢いを乗せて、
 次元を跳躍しながら、
 ゲンの背後をとる。

 殺す気全開で、ゲンの首めがけて剣をふるう。



 ――完全に切り飛ばした、



 と、思ったが、

 半身になったゲンが、

「むき出しだな……それでいい」

 そうつぶやいた、
 と、
 ケムスが認識すると同時、

 気づいた時には、
 刃が重なり合っていた。

 鋼(はがね)が叫ぶ。
 火花が散って、
 むき出しの魂が弾け合う。

「見えるぞ、ケムス……今、俺の目には、あんたの剣が映っている」

「……ど、どうして……」

「努力したからさ。欲しいものがあったから。望む未来があったから。だから、俺は必死になって積んできた。その全部が、今の俺を支えている!」

 その叫びを受けると、
 ケムスは、ギリっと奥歯をかみしめた。

 鋼の叫びがやかましい戦場でも、
 その音だけは、やけに大きく響いた。

「そんな『当たり前』を、自分一人だけの宝物みたいに言うなぁ!」

 怒号は、ケムスの刃を鈍らせた。
 不可解な焦燥が、ケムスを縛る。

 ゆえに、一手おくれる。
 きわめて些細なミス。
 けれど、状況次第では致命的になりえるミス。

 ――だから、


「――ゲン・エクセレント――」


 すべてが悪い方につながって、
 ゆえに、ケムスの世界がグニャリとゆがんだ。

 グンと、一手深く、ふところに潜られて、
 ほんのわずかな時間『無防備になった左腕』が、
 気づけば、

 スパッッ!

 と、鋭利な音をたてて、さらわれて、宙を舞っていた。


「ぐぅううっ! あぁ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く