『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

75話 準備運動は終わった。

 75話 準備運動は終わった。

「世界を変えようと思ったら、出世する必要があるが、既存組織の『上』は詰まっている。クリムゾンスターズに入れば、名誉は得られるだろうけど、それ以上の未来は望めないだろう。どれだけ頑張っても『優秀な番犬』で終わるだけ。本気で世界に風穴を開けようと思えば、新興組織の中核に食い込むのがベターだと判断した。それだけの話さ」

 ――ケムスの発言を受けて、
 ゲンは、少しだけ、

(官僚思考ではなく、ベンチャー思想……『自分に自信があるから』こその選択なのか……それとも『逆だから』こその選択なのか……いまいち、理解しかねる観念……)

 などと、どうでもいい批評をしてから、

「そうまでして世界を変えたい理由はなんだ? あんたは何がしたい?」

「世界を変えることが目的だ。それ以上の理由や、それ以下の理由なんて、僕の中には存在しない。変えられるかもしれないと思ったから、変えてみたいと思った。それだけだ」

「極端な発想だな……ヤマトほどじゃないが、あんたも大概、狂っていると思うぜ。……なんで、ロコ様の周りには、変態ばっかり集まるのか……」

「類は友を呼ぶというやつだろう」

「うわー、不敬な発言だぁー」

 などと言いながら、
 ゲンは、地上に降り立って、
 レーザーファルコンを解除する。

 翼を捨てたゲンは、肩をまわしながら、

「あんたのコトが、だいたい分かってきたよ……」

「こんな、ちょっとした会話で暴かれるほど、僕の底は浅くない」

「別に暴いたつもりはねぇよ。輪郭が見えてきただけさ。シルエットくらいなら、遠目からでもわかる」

 そう言いながら、
 ゲンは、真剣卍を構える。

 そんなゲンの様子を見て、
 ケムスは、鼻で笑い、

「もう秘密兵器は打ち止めか?」

「いや、もう少しだけあるけど……あんたとは、ゴリゴリにやりあってみたくなった。……というわけで、準備運動は終わりにして、ド正面からの対話をしようぜ」

「……対話になどならないよ。君と僕ではレベルが違う」

 そう言いつも、
 ゆったりと剣を構えるケムス。

 ゲンはニっと笑って、

「さぁて、どうかな……さっきも言ったが、俺は、この学校に入って、色々知った……そして気づいた。俺の可能性は、常軌を逸しているということに」

 スゥと息を吸って、

「こいよ、ケムス・ディオグ。俺の可能性を見せてやる。だから、本気でこい」

「君の可能性なんて、みたくないよ、別に。だから、本気ではやらない。単なる『早熟の秀才』ごときに本気を出すほど、僕の才能は安くない。僕は、君とは違い、本物の天才。輝く未来を持つ選ばれた存在。――ゆえに、ここで、宣言しておく。僕は必ず、半分以下の力で君の可能性を終わらせる」

 そう言うと、
 ケムスは、恐ろしい速度で踏み込む。

 とんでもない速度だが、
 実際のところ、本気の半分以下。

 ケムスの実力はすさまじい。
 剣の腕だけで言えば、確かに、ヤマトにも匹敵している。

 ほとんど一瞬でゲンとの距離を詰めると、
 ゲンの右腕を切り飛ばそうと、
 無慈悲に弧を描いた――

 ――が、


「?!」



「華麗だな。ちょっと前の俺だったら腕を飛ばされていた気がするぜ。それで実力の半分以下とは、マジでおそれいる」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く