『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

73話 三分間待ってやる。

 73話 三分間待ってやる。

「ケムス。あんたが、それなりに強くて助かったよ。おかげで、インフラレッドも召喚できた。こいつは、敵が存在値300を超えている相手じゃないと召喚できないんでね。あ、ちなみに、こいつは、インフラレッド・インフェルノという炎系のブレスが使える。気をつけろよ」

(暴露を積まれた……ということは、まだ何かあるのか……)

 と、考えている途中で、
 ゲンは、ニっと笑い、



「暴露のアリア・ギアスと、覇鬼と、ワンダーナイトを生贄にささげ……『ネオ・ヘルズ覇鬼』を召喚!!」



(ネオ・ヘルズ覇鬼?! ちょ、超王級のモンスター?!)

 真・第一アルファの一部地域では、
 上級・最上級のモンスターが、
 結構な頻度でポンポンと沸く場所も存在する。

 しかし、さすがに『王級』や『超王級』はなかなかお目にかかれない。


「どうだ、俺の力は! すげぇだろ! ハンパないだろ! ぐはははははは!」


(ドラゴンに超王級モンスター……確かに尋常ではないけれど……すべて、金の力だろうが、このクソバカ成金が……)

 ――超王級モンスターを召喚できるアイテムなど、
   いったい、どこで買えるのだろうか?
   ありえなくないか?

 そんな疑問が頭をよぎったものの、
 しかし、『召喚系の成績』が『中の下』でしかないゲンが、
 『自力』で超王級を召喚することなど『絶対にありえない』、
 と、きわめて常識的な理解ができているため、
 どうしても『金の力』という結論に行きつく他ない。

「ケムス! 凶悪なモンスターに囲まれて大変だな! だが、自業自得だ! お前は俺をバカにした! その報いを受けるがいい! 絶望の底で跪(ひざまず)け! そして、命乞いをしろ! 三分間待ってやる!」

 と、美しく調子こいていると、

 ケムスは、

「君ごときに全力を出すなど、プライドの問題でありえない……けど、ほんの少しだけ、僕の『実力の一端』を見せるぐらいならば、許される状況だと判断する……」

 ボソっとそうつぶやき、

 ギラリと目を光らせて、
 オーラと魔力を圧縮させ、



「――会心・双列斬ランク19――」



 先ほどの様子見の空斬とは次元の違う、
 尖った殺意の込められた『凶悪な魔法』を放った。

 その結果、
 ラムドアイズ・インフラレッドドラゴンと、
 ネオ・ヘルズ覇鬼、
 両者の首が、スパっと切れて、
 どちらも、バタリと地に伏せた。

 その様子を見たゲンは、
 目を丸くして、


「どぇええええええ?!」


 と、無様に叫ぶしかなかった。

 そんなみっともなさ全開のゲンに、
 ケムスは、ニっと笑って、

「これほどの戦力を有しているという点に関しては、確かに驚いた。しかし、僕を超えているかとなれば、話は別だ」

 ――少しだけ、ケムスについて解説すると、
 ケムスのビルドは『超高火力の一撃必殺型』であり、
 『特定の条件(無数にある)』を積んだ状態であれば、
 自分より弱い相手を一撃で『殺す』ことも可能という、
 いわばアサシンスタイル。
 (超王級が相手でも、条件次第では一撃で殺すことも『可能』なビルドというだけであって、『いつでも超王級を一撃で殺せる』というわけではない。『必殺』が通らなかった場合、当然、超王級を倒すのには、めちゃくちゃな時間と体力を浪費することになる)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く