『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

71話 条件追加。

 71話 条件追加。

「……脳内お花畑とはこのことだな」

「それはこっちのセリフだ。彼我の差が分かっていないのは、そっちの方だってことを教えてやるぜ。今から、とびっきりの邪悪で世界を常闇に染める。――さあ、聖なる絶望を数えろ」

 そう言いながら、
 ゲンは、アイテムボックスから、
 豪華な装飾のラムドカードを一枚取り出して、



「セイバーリッチ・プチ、召喚!!」



 世界を震わせる声で、
 そう叫んでみたが、


 ……


 ――しかし、
 ラムドカードは、
 うんともすんとも。

「……」
「……」

 数秒の無言が流れた直後、
 ケムスが、渋い顔で、

「僕が気づいていないだけで、実は何かが起こっているのか?」

「だったらよかったんだが……現状は、ただの不発だ……ちっ……ま、100%のダメ元だったから、別にいいけど」

 舌打ちをはさんでから、いそいそと、
 セイバーリッチ・プチのラムドカードをアイテムボックスに戻すゲン。

「今のは、ノーカンだ。なかったことにしてくれ」

 一連の行動を余さず目視していたケムスは、
 深いため息をついて、

「君が全宮学園Sクラスに在籍しているという事実をノーカンにしたいところだね」

 呆れMAXでそういうケムスに、
 ゲンは、

「ああ、言い忘れていた」

 そこで、一端、間をおくように、

「俺が勝った時の条件を追加させてもらう。といっても、大したことじゃない。――俺が勝ったら、ここで見たことは全て忘れろ。それだけだ」

「……なんだ、その条件は。意味がわからない」

「なぁに、単純な話だよ。手の内は出来る限り隠しておきたいって、それだけの話。俺の人生は、悪い方向に奇想天外だから、おそらく、今後も、厄介な敵を相手にし続けるハメになるだろう。そんな時、相手が俺の能力に対して無知であれば、俺の勝率が少しは上がる」

 『対策されている場合』と、
 『無警戒の場合』、
 どちらの方が立ちまわりやすいかなど、言うまでもない。

「状況によっては、情報格差なんざ、ほんの少しのアドバンテージにしかならないかもしれないが、しかし、その、ちょっとした差が明暗を分けることだって、なくはないかもしれない。……ようするには、純粋無垢な臆病。生き残る可能性を少しでも上げておきたいという、単純な生存本能さ。爪を隠さない鷹は大馬鹿野郎。俺は賢くないがバカじゃない」

「単なるどうしようもないバカではなく、多少は考えて生きているということか。秘密兵器がどうこうというのは、あながち、たんなる大ボケでもないということかな?」

「ああ、その通り。俺の莫大な可能性……その一端を、少しだけ見せてやろう」

 そう言うと、
 ゲンは、アイテムボックスからラムドカードを取り出して、

「レーザーファルコン、召喚」

 飛行ユニットを召喚し、
 自分の背中に装着する。

 フワリと舞い上がるゲン。
 慣れた動き。

 その様を見て、ケムスは、

(上級の怪鳥種だと……ゲンの『召喚科目成績』は、中の下だったはずなのに、どうして、そんなレアモンスターを使役できる……)

 頭の中が、グルグルとまわる。
 反射的に、情報を整理していくケムスの頭脳。

(さっきのカード……あれは魔カードではない……おそらく召喚専用の特殊なアーティファクトだろうが、今まで見たことがない代物……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く